INTERVIEW

岡田奈々(AKB48)

無邪気な笑顔。
それが私の根っこ。


記者:木村武雄

撮影:木村武雄

掲載:20年03月31日

読了時間:約3分

<連載(全4回):YouTubeで見せる等身大(2)岡田奈々>
 AKB48の村山彩希、岡田奈々、茂木忍、向井地美音がYouTubeに開設した、ゆうなぁもぎおんチャンネル。開設1カ月で11本の動画を上げ、累計再生数は100万回を突破(3月5日現在160万回突破、チャンネル登録者数5万人突破)するなど好評を得ている。動画に垣間見えるのは4人の「素」の部分。ステージに立つ姿とは対照的な等身大の女子の顔だ。彼女たちはどのような思いで動画に臨んでいるのか。インタビューと共にその背景に迫る。第二弾は岡田奈々。【取材・撮影=木村武雄】

 【動画】岡田奈々の無邪気さが表れた伝言ゲーム

 2018年に開催された『AKB48世界選抜総選挙』でAKB48としては最高位の5位につけた。このステージ上でのスピーチで岡田は、上位を姉妹グループに抑えられた不甲斐なさを口にしつつも、感謝の言葉と決意を語った。

 「私にできることは、今ある48人生を全力で生き抜くことです。ファンのみなさんのために、そして自分自身のために、今を全力で生きたその先がAKB48グループの未来になると信じて、これからも走り続けます」

 その佇まいは“貴公子”のようだ。キリッとした表情に品格のある振舞い、落ち着いた語り口。真面目であり、義理堅いところも魅力的だ。決して手を抜かず、公演では誰よりも汗を流す。かつては、卒業した小嶋真子、西野未姫とともに「三銃士」と呼ばれていた。歌唱力に定評があり、『AKB48グループ歌唱力No.1決定戦』ではファイナリスト常連組。奥行きと力強さ、伸びのある歌声で魅了する。

 そんな彼女に寄せる期待は大きい。

 TBS系音楽番組『UTAGE!』では、柏木由紀、峯岸みなみに次いで出演。持ち前の歌唱力とキレのあるダンスを披露した。あくまでも「岡田奈々」としての出演だが、無意識のうちにAKB48という看板を背負っている。兼任するSTU48では、今年1月に2代目を今村美月にバトンタッチするまでキャプテンを務め、グループ創世記を支えてきた。今もメンバーの精神的支柱になっている。

 そんな彼女にかかる重圧は計り知れないものがあるだろう。意図もしないところで作り上げられていく岡田奈々像。それは周囲の期待の表れとも言えるが、彼女自身の責任感がそうさせているようにも感じる。

 そんな彼女が「ゆうなぁもぎおんチャンネル」でみせるのは「素」の自分だ。楽しそうにはしゃぎ、楽しそうな笑みを浮かべる。

 「それが私の根っこです」とそう表情を緩める岡田は更に言葉を続けた。

 「真面目なイメージがついていますので、『ステージではきちんとしなきゃ』という意識が働いてしまって…。でもそうではないところに本当の私がいます。それを皆さんに見てほしいです」

 公私ともに仲が良い村山彩希といる時は甘えている印象が強い。3月2日公開された動画「【癒し】いたずらばかりが続いたのでただただ幸せな気持ちになれる動画を作ってみた」では、菓子作りを村山と行った。そこでは“貴公子”の面影はなく少女のよう。

 2月6日に公開された「【腹筋崩壊】おんちゃん一押しのイヤホンガンガン伝言ゲームをやってみたら爆笑連発!」では、無邪気に楽しんでいる姿が印象的で、その様子はまさに「素」だった。

 「日々生きるモチベーションが出来ました。バラエティーに対してすごく苦手意識がありますが、『ゆうなぁもぎおん』だったら素の自分でいられるし、無理して喋らなくちゃと考えなくても良いから気持ちが楽です。良い意味でプライベートの自分を出せる場だなと感じています。仲良しだからこそ出来る事なので、これからもっと4人の事を知ってもらえたら良いなと思います」

 肩の荷を下ろして臨む動画。彼女の魅力でもあり、縛り付けている「責任感」を脱いで、一人のアイドル、少女として楽しんでいる。

 「メイク動画の撮影も撮りましたが、すっぴんの状態から自分でメイクして、衣装に着替えて誰が早くステージに立てる状態になるかというのもやって見たいです! 性別、年齢問わず、幅広く見て頂きたいです!」

 そうプランを伝える表情からは溢れる好奇心がみえる。

 「チョコミント」好きでも知られる。そのうちのミントには「美徳」という花言葉がある。そしてその多くは長く生きる「多年草」だ。AKB48加入から8年目。様々な季節をまたぎ、しっかりと根をはる彼女。気心知れた仲間と過ごす笑顔の時間を養分に、未来へと手を伸ばす。

 次回は茂木忍さん。4月2日公開予定。

この記事の写真
木村武雄

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事