MISIAが、開局90年を迎えたNHK福岡放送局の記念テーマソングを担当することが発表された。起用された楽曲は、福岡をテーマに書き上げた新曲「好いとっと」。

GReeeeN

 福岡で育ったMISIAが、“しゃれとんしゃ”“とんこつバリカタ”などという福岡ならではの表現をふんだんに使い歌詞を書き上げ、踊りたくなるようなアップテンポな曲調が一度聴くとクセになるようなエネルギーソング。

 次期連続テレビ小説「エール」の主題歌でも注目されるGReeeeN作曲で作り上げられ、編曲は亀田誠治が担当。

 MISIAの大ヒット曲「アイノカタチfeat. HIDE(GReeeeN)」以来、約2年ぶりの最強タッグが組まれたことになる。楽曲は、3月30日より「ロクいち!福岡」(福岡県域)にてO.Aスタート。

MISIAコメント

「九州へのアイノカタチを歌にしました。歌詞は慣れ親しんだ方言で書いています。私は、長崎で生まれ、15歳から福岡に移り住み、周りの方も、九州に縁がある方が多いので、自分のことを九州ハイブリッドだとも思っています。そんな故郷である九州の皆さんに、この歌を愛していただけたら本当に嬉しいです。九州、好いとっと! 」

GReeeeN

「色々ある毎日の中でも、ちゃんと幸せなことも起きていて、それを見つけ、一個一個を大事に部屋に飾るような気持ちをメロディに載せてみました!どうか皆様の毎日にハッピーを!!!」

亀田誠治

「MISIAが歌うこの曲が、僕の大好きな街『福岡』の毎日を、元気いっぱい応援する音楽になりますように!」

この記事の写真

記事タグ