ミュージシャンの布袋寅泰が22日に自身のインスタグラムを更新。英国では同日が“母の日”であり、「全世界のお母さん! ありがとう!」などと感謝し、“試練”を「乗り越えるしかない」と決意を強めた。

 【写真】反響の声があがっている布袋寅泰のBOOWY時代の写真

 布袋は「Happy Mother’s Day」と書き出し、「英国では今日が母の日。どんな時も優しく力強く包み込んでくれる母という存在に感謝を。全世界のお母さん! ありがとう!」と“母”という存在への大きな感謝を表明した。

 そして、「母なる大地Mother earthが我々に与える試練もきっと、人類が優しさと誠実さを取り戻すために必要な教えと捉え乗り越えるしかない」と続け、「#お母さんありがとう」などのハッシュタグを添えている。

 あわせて布袋が投稿したのは、花の写真。一枚目は木に咲いた白色の花、もう一枚はガラスの瓶で飾られ、日の光がカラフルさを引き出した、入れられた色鮮やかな花のショットだ。

 この投稿のおよそ12時間ほど前、布袋はインスタグラムで花を購入したことを報告している。ただ、その内容は切実だった。

 スーパーの店内と思われる画像をアップし、「何もない。花だけ売れ残っているのを見ると切なくなる」とし、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、英国で買占めが進んでいる現状を嘆いた。

 そして、「英国紳士の名が泣くぞ。マスクして花だけ買って帰るやけにデカいアジア人を見てどう思うのか」ともコメントし、さみしげな心境を伝えていた。

 この時、布袋が購入した“花”が最新の投稿でアップされたガラスの瓶に入れられた花と思われる。世界が苦境に立つなかで、布袋はポジティブに受け止めながら乗り越える意志を示した格好だ。

 この布袋の投稿にはファンから続々と反響が寄せられ、「母は偉大 いつも胸に」「自分が母になり、母に感謝することが増えました」などと母親への感謝の言葉が並んだ。

 さらに、布袋が花を購入した投稿を踏まえ、「布袋さんが連れて帰ったお花に陽の光が暖かく降り注いでますね」「布袋さんの買い出しは母なる地球の小さな子供達のお花さんをたくさん救出してきたのですね」などと感銘を受ける声も。

 布袋は連日、新型コロナウイルスに関する自身が抱えた心境や、英国の様子をインスタグラムを通じて発信。ファンからは「こうして辛い中、発信してくださるだけで私はpositiveになれます」との声も見られ、ファンには大切なメッセージになっている。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ