ミュージシャンの岡崎体育が21日に自身のツイッターを更新。「アニサマ」に自身が出演することを批判する声があることを伝え、困惑のコメントを投稿。ファンは「『知らない』だけ」「来た人達の心を鷲掴みにしてあげましょう」などと支持やエールの声を届けている。

 2005年にスタートした『Animelo Summer Live』(アニサマ)。多くのアニソンアーティストが出場してきた人気イベントで、今年は「COLORS」をテーマに開催。21日に出演アーティスト第1弾が発表され、i☆Ris、藍井エイルなどの名前とともに岡崎の出演も伝えられた。

 すると、ネット上で様々な反応が見られたようで、発表後に岡崎は自身のツイッターを更新し、「なんかトレンド入ってんねんけど俺」と困惑のコメントを寄せた。

 続けて岡崎はいくつかのツイートをリツイートしているが、そこには、アニサマ出演者の中に岡崎の名前があったことを否定的に捉えたような内容が記されている。

 これを踏まえて岡崎は「なんでアニサマに岡崎体育がって批判する人もいて、そういうの見るの嫌やけどもうそういうのどうでもええねん」とコメントし、心無い声を一蹴。

 その上で、「俺は生前お世話になったマッショイさんの追悼に行くだけです。よろしくお願いします」と続け、自らのメッセージを発信した。

 “マッショイ”さんとは、昨年12月に逝去されたアニサマバンドの一員でドラマー・ミュージシャンの山内“masshoi”優さんのこと。岡崎は哀悼の気持ちをもって『アニサマ』に出演することを報告した形だ。

 この岡崎の発信にファンから続々とリプライが届き、「実は『知らない』だけなんでしょうね、岡崎体育の魅力を」「その場来た人達の心を鷲掴みにしてあげましょう」「歌聞いたら岡崎体育かっこいいやん!って言わせられるから安心して」などと、“批判”は岡崎の魅了を知らない人たちの発言との声が寄せられた。

 さらに、一般のツイートでも「アニサマに岡崎体育! めっちゃ行きてー!!」「アニサマ岡崎体育さん 出るの?? 最高じゃん 絶対盛り上がる」などと歓迎のコメントが多数を占めている。

 岡崎はアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』で、「キミの冒険」や「ポーズ」などの主題歌やエンディング曲を担当した実績があり、そのため、「岡崎体育さんアニサマで叩いてる人、さてはアニポケ見てないな!?」との声も見られる。

 本人の抱えた憤りの一方で、ファンら多くは岡崎の『アニサマ』出演に新たな価値観を見出し、支持やエールの声を寄せながら本番を楽しみにしているようだ。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ