有村架純が演じる雪代巴(C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

 有村架純が、7月3日・8月7日と2作連続で公開される映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』に雪代巴役として出演する。有村は「嬉しい思いもありましたが、同時に大きなプレッシャーも感じました」と心境。緋村剣心役を演じる佐藤健は「無事にこの映画が完成し、公開されることを願うと共に、支えてくださった全ての皆様、共に闘った仲間達に心から感謝します」とコメントを寄せた。

 【写真】縁・役の新田真剣佑

 有村が演じるのは、剣心の<十字傷の謎>の鍵を握り、かつて剣心の妻であった雪代巴役。幕末、剣心が血も涙もない人斬り抜刀斎の時代に、唯一心を許したにもかかわらず、その手で斬殺した妻の役。巴は剣心の頬の十字傷に深く関わっており、最終章「The Final」で縁が剣心に復讐を仕掛ける理由とも関係している。解禁されたビジュアルでは、雪の情景の中に佇み、遠くを見つめるその表情からは儚さが漂う。儚い瞳の奥には、これまで明かされてこなかった剣心の過去にまつわる秘密が――。

 今回の「最終章」は、原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースに、縁との究極のクライマックスが描かれる「The Final」と、原作では剣心が過去を語るかたちで物語が進む「追憶篇」をベースに<十字傷の謎>に迫る「The Beginning」の2部作を描く。幕末を描いた「The Beginning」がシリーズ最後になるが、時系列では1作目の前のストーリーになる珍しい構成となる。

 またその中でも、この二つの時代をつなぐキャラクターが縁に続く雪代巴だ。いまにも消えてしまいそうな弱さと一方では心の深い所では揺るがない強い意志をもつ女性。誰もが自分の正義を通すために刀をふるった動乱の幕末、剣心はなぜ唯一心を許した妻を斬殺したのか?剣心はなぜ“不殺の誓い”を立てたのか?これまで語られることのなかった剣心の原点が、頬の<十字傷の謎>とともについに明らかになる。

 巴役は「るろうに剣心」の中で最もファンが多いキャラクターの一人である。それは、緋村剣心が人斬りをやめ、<不殺の誓い>を立てることに至る理由になった女性だからである。

 プロデューサーの小岩井宏悦は、巴役の有村架純のキャスティングの経緯について「雪代巴のキャスティング、いよいよその時が来たかと言うのが正直な感想でした。『追憶編』と呼ばれる巴のエピソードを実写化することは、『るろうに剣心』 の第一作目からずっと熱く語られ、それでいてどこか現実離れしている話でしたから。雪代巴、クールな表情の下に沸き立つような愛憎を秘めた完全無欠のヒロイン。みんなの思い入れが強過ぎるこの役は、全員一致で『有村架純』さんに託されました。華があるのに儚げな彼女の存在感そのものにみんなが「雪代巴」を見たのです。作品を観てもらえば、間違いなく その『ヒロイン力』にみなさん圧倒されると思います」と唯一無二のキャスティングだったことを明かした。

 はじめて、今回のオファーを聞いた際、有村は、「プロデューサーの方から『このエピソードは巴がいないと成り立たない作品だ』と言って頂きました。1作目から原作ファンの方や映画ファンの方からすごく大切にされている作品ですし、健さんやキャストの方、監督やスタッフの皆さんが大切に作られている作品ですので、嬉しい思いもありましたが、同時に大きなプレッシャーも感じました」と話した。

 現場で主演の佐藤と話した際は、「『本当に大切に思っている作品で、7年前の“るろうに剣心”の始まりの役づくりは巴からスタートしている』とお話されていて、7年間ずっと巴がベースにあって、今の剣心が出来ているという、その言葉の重みを深く受け止めました」と、自身が演じた雪代巴役という役が、この「るろうに剣心」シリーズにおいていかに重要なキャラクターであるかを常に感じていたことを明かした。

 佐藤演じる剣心を初めて見て、「どれだけ“るろうに剣心”を愛しているのかというのはひしひしと隣にいて感じました。アクションにしてもお芝居にしても、ご自身の中で表現したいものが見えているからこそできることがたくさんあって、それを間近で拝見していると本当に尊敬しますし、改めてすごい役者さんだなと思いました」と撮影時に感じた、剣心を演じる佐藤のこの作品にかける思いを肌で感じた様子。

有村架純が演じる雪代巴(C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

 今回、“最終章”において物語の中心を担う、巴と縁という2人の解禁を受けて、主演の佐藤は初めてコメントを寄せた。

 「剣心の頬の十字傷は悲しみの象徴であり、この傷が残り続ける限り、剣心は悲しいんです。巴との出会いを経て、その十字傷に殺さずを誓った剣心は、市井の人々の平和を守るため流浪の旅を始めます。これまでのるろうに剣心シリーズ三作は、そのような過去を経て流浪人になった剣心の、新たな冒険の物語でした」とこれまでの剣心の物語を振り返った。

 その中で、「それら全てを演じた僕の中には、雪代巴という一人の女性が内包されていました。パート1の撮影初日、鳥羽伏見の戦いで新時代の来訪を悟った時、志々雄真実が目の前で自らの愛する女性を斬殺した時、僕は剣心としての自分を見つめ直そうとする度に、巴を想い、深呼吸をして本番に臨みました」と、1作目撮影時から、巴はずっと想い続けているキャラクターと語った。

 また、巴役を有村が務めることに関して「The Beginning の撮影初日、僕の中に七年間内包されていたものが、突如実体を持って目の前に現れました。巴として初めてお会いするはずの有村さんに、どうしようもない懐かしさを感じました。それからの撮影の日々は、辛く悲しくありながらも夢のようで、今思い返しても、あんなにも美しく、そして儚い時間を過ごした経験はありません」と、撮影当時の様子を明かした。

 『3月のライオン』以来のタッグを組むことになった大友監督は、「『人斬り抜刀斎』として幕末の京都をうごめいていた時代。剣心の孤独に光を灯したのが、雪代巴でした。運命に導かれ、心の奥底に秘めた複雑な感情に突き動かされていくこのヒロインは、演じるのに決して簡単な役ではありません」と、「TheBeginning」の物語の鍵を握るキャラクターであり、また、剣心にとって、最も影響を与えたキャラクターの一人である雪代巴への監督自身が想い描くイメージを明かした。

 さらに、「思い浮かんだのが、『3月のライオン』でご一緒した有村架純さんでした。彼女なら、真っ白い心で、この役を、孤独な二つの魂の、燃えるような邂逅(かいこう)の物語を一緒に走ってくれるのではないか。悲劇的な憂いの中に、強い意志と限りない優しさを帯びて。これだけドラマチックなヒロインにはめったにお目にかかれません。魂を込めて演じ切った有村架純さんの「巴」像を、一刻も早く皆さんにお披露目したい気持ちでいっぱいです」と、キャスティング理由とともに有村の演技を絶賛。完成度の高さに自信を覗かせるコメントから、本作への期待がより一層高まる。

 日本映画を代表するスタッフ陣が細部までこだわりぬき、常に観客の期待以上のクオリティで進化し続ける「るろうに剣心」シリーズ。漫画原作の実写化という枠を超え、エンターテイメントの頂点へ。2014年の前作(京都大火編/伝説の最期編)の公開から6年が経ったが「剣心にとって最も大事なエピソード。最終章を撮らないと、るろうに剣心が終わらない」と覚悟を決め、「作るなら一番良いものを届けたい」と前作超えを誓って挑んだ製作陣の並々ならぬ思いが込められた本作は、2019年5月まで約7カ月以上に渡り、京都・奈良・滋賀・三重・兵庫・熊本・広島・栃木・埼玉・静岡など全国43か所という大規模ロケを敢行。日本映画を代表するスタッフ陣が細部までこだわりぬき、常に観客の期待以上のクオリティで進化し続ける「るろうに剣心」シリーズの最後に相応しい、最高のキャスティングが実現し、シリーズ史上最高のクライマックスへ向かう。

有村架純(雪代巴役)コメント

 プロデューサーの方から『このエピソードは巴がいないと成り立たない作品だ』と言って頂きました。1作目から原作ファンの方や映画ファンの方からすごく大切にされている作品ですし、健さんやキャストの方、監督やスタッフの皆さんが大切に作られている作品ですので、嬉しい思いもありましたが、同時に大きなプレッシャーも感じました。佐藤さんと撮影現場でお話した際に、『本当に大切に思っている作品で、7年前の”るろうに剣心”の始まりの役づくりは巴からスタートしている』とお話されていて、7年間ずっと巴がベースにあって、今の剣心が出来ているという、その言葉の重みを深く受け止めました。どれだけ“るろうに剣心”を愛しているのかというのはひしひしと隣にいて感じました。アクションにしてもお芝居にしても、ご自身の中で表現したいものが見えているからこそできることがたくさんあって、それを間近で拝見していると本当に尊敬しますし、改めてすごい役者さんだなと思いました

佐藤健(緋村剣心役)“最終章”へのコメント

 剣心の頬の十字傷は悲しみの象徴であり、この傷が残り続ける限り、剣心は悲しいんです。

 巴との出会いを経て、その十字傷に殺さずを誓った剣心は、市井の人々の平和を守るため流浪の旅を始めます。

 これまでのるろうに剣心シリーズ三作は、そのような過去を経て流浪人になった剣心の、新たな冒険の物語でした。

 つまり、それら全てを演じた僕の中には、雪代巴という一人の女性が内包されていました。

 パート1の撮影初日、鳥羽伏見の戦いで新時代の来訪を悟った時、志々雄真実が目の前で自らの愛する女性を斬殺した時、僕は剣心としての自分を見つめ直そうとする度に、巴を想い、深呼吸をして本番に臨みました。

 The Beginning の撮影初日、僕の中に七年間内包されていたものが、突如実体を持って目の前に現れました。巴として初めてお会いするはずの有村さんに、どうしようもない懐かしさを感じました。それからの撮影の日々は、辛く悲しくありながらも夢のようで、今思い返しても、あんなにも美しく、そして儚い時間を過ごした経験はありません。

 そして剣心と同じく、巴に深く愛情を持つ男、雪代縁。The Final のクライマックスで縁との決闘を終え、彼と向き合い新田さんの目を見た時に、僕はこのるろうに剣心という物語の終幕を受け入れることができました。

 このシリーズに自分の全てを捧げることができたと思っています。

 無事にこの映画が完成し、公開されることを願うと共に、支えてくださった全ての皆様、共に闘った仲間達に心から感謝します。

大友啓史監督・コメント

 「人斬り抜刀斎」として幕末の京都をうごめいていた時代。剣心の孤独に光を灯したのが、雪代巴でした。運命に導かれ、心の奥底に秘めた複雑な感情に突き動かされていくこのヒロインは、演じるのに決して簡単な役ではありません。思い浮かんだのが、『3月のライオン』でご一緒した有村架純さんでした。彼女なら、真っ白い心で、この役を、孤独な二つの魂の、燃えるような邂逅の物語を一緒に走ってくれるのではないか。悲劇的な憂いの中に、強い意志と限りない優しさを帯びて。これだけドラマチックなヒロインにはめったにお目にかかれません。魂を込めて演じ切った有村架純さんの「巴」像を、一刻も早く皆さんにお披露目したい気持ちでいっぱいです。

この記事の写真

記事タグ