若干17歳ながら「ファッション」「俳優」「アート」「音楽」と多彩な才能が溢れ出すYOSHIが20日、人生観を反映した楽曲『VOICE』をリリースする。自身も出演するPanasonic「完全ワイヤレスイヤホン」CM用に完全書き下ろし作品。

 13歳の時、「OFF-WHITE」を手掛ける“VIRGIL ABLOH”に独自のファッションセンスを賞賛され様々なブランドのモデルとして活躍し、2019年9月に公開された映画「タロウのバカ」では主演として俳優デビューも果たし、日刊スポーツ映画大賞、毎日映画コンクールにて新人賞にもノミネートされる。
2019年5月には1st Album 『SEX IS LIFE』をリリースし音楽デビュー、立て続けに2019年9月には“山下達郎氏”の大名曲『RIDE ON TIME』を大胆にサンプリングしたミディアムナンバー『RIDING ON TIME』をリリース。

 現在、Abema TVドラマ「僕だけが17歳の世界で」やABC-MART『VANS FALKEN』新CMに出演中、2月には日本人で唯一本国のCalvin Kleinに招待されニューヨークのイベントにも参加し2020年も年明け早々大活躍。

 そして2020年第 1 弾目となるオリジナル楽曲のリリースが決定!先日“アラーキー”こと荒木経惟氏との新ビジュアルを公開しファンの間ではリリースが噂されていた中、パナソニック株式会社の新商品として「Music」・「Communication」・「Noise cancelling」をコンセプトに展開される「完全ワイヤレスイヤホンRZ-S50W」用に完全書き下ろしをした新曲『VOICE』が3月20日にリリースされる。

 自身が作詞作曲を手掛け、制作チームでジャムセッションしながら完成させた1曲。静かに奏でるピアノとハイトーンヴォイスが響く印象的な歌いだしから、エッジの効いたギターが乗ったビートに「明日死ぬかもしれない」など刹那的なフレーズが印象的な歌詞は、「普段から自分のコアにしている考えですが、1分1秒本当に人生がいつ終わるのか分からない。明日人生が終わっても悔いが無いように1日1日を大切に送っていく人生にしないといけない!と改めて思う機会があったので今回のテーマにしました」と自身の人生観が反映されている。
 
 さらに、楽曲後半に現れるソウルフルなボーカルを披露するのは大阪出身のSOUL/R&Bをルーツにもつ新世代15 歳のシンガーソングライターHeli。海外アーティストに劣らないパフォーマンスを魅せる彼女は、YOSHIと共に2020年代の日本の音楽シーンにおいて大注目のアーティストのひとり。全国各地でオンエアされるCMで「新世代」を代表する2人の唄声が響きわたる。

 冒頭リズミカルなラップに合わせてイヤホンをつけたYOSHIがダンスするシーンから始まる今回のCM。オフィシャルな撮影では初挑戦となったダンスはほぼアドリブ。「もっと練習したら自分を表現できるのに、ダンスって『面白いな』・『難しいな』という感情が交差しました」とコメント。苦労しながらも、撮影をキッカケにダンスという表現方法により興味を持ったことを明かした。
  
 また、映像内で変化する衣装はYOSHI自身がコーディネートを厳選。楽曲だけでなく、ダンスやファッションなど、YOSHIのあらゆるセンスが発揮されたCMとなっている。

■Panasonic「完全ワイヤレスイヤホンRZ-S50W」CM 音のあるこの星の完全ワイヤレス篇

Panasonic「完全ワイヤレスイヤホンRZ-S50W」

「VOICE」ジャケ写

渋谷東急ハチ公ビッグシート

この記事の写真

記事タグ