平井 堅が3月27日に、フィーチャリングにあいみょんを迎えた配信シングル「怪物さん」をリリースする。

【もっと写真を見る】ジャケ写と作品情報

 このコラボが実現したきっかけは、2017年に平井 堅がラジオにゲスト出演した際に今気になるアーティストとしてあいみょんを紹介。それを知ったあいみょんが自身のSNSで「家族全員が大好きな平井 堅さんに知ってもらえていること、更に気になるアーティストって名前を出してもらえたことが嬉しすぎて家族に連絡した。めっちゃ嬉しい。嬉し過ぎる。大好きなアルバム『SENTIMENTALovers』をはじめて聴いた時の私に教えてあげたい。」と投稿した事をきっかけに、2019年に平井 堅のライフワークとなっているKen’s Bar20周年イヤー公演「Ken’s Bar 20th Anniversary Special!! vol.4」の最終公演日@日本武道館にあいみょんがシークレットゲストとして出演。

 さらに同年6月にはあいみょんの対バンツアー“ラブ・コール”の仙台公演に平井 堅が対バン相手として出演し交流を深め、平井 堅自身があいみょんとの共演を切望し依頼したところ、あいみょんに思いが届きコラボが実現した。

「怪物さん」の作詞・作曲は平井 堅自身があいみょんをイメージして手がけたものだ。恋愛で生じる様々な気持ちや矛盾、報われない気持ちを歌うエネルギーあるポップチューンとなっている。サウンドプロデュースにトオミ ヨウを迎え、平井 堅とあいみょんの掛け合いがマッチした作品となっている。

 3月27日の配信日より、ダウンロードと合わせてストリーミングも同時にスタートする。また、全国のラジオでのオンエアも同日よりスタートする。

 さらに18日より平井 堅公式Instagramがスタート。普段の活動やプライベートな一面など様々な投稿を予定しているとの事。

平井 堅コメント

 ソングライティング、声、は勿論のこと、ビジュアル、歌唱時のオーラ、所作、表情を見た時に、あ、全部揃ってる人見―っけ。と興奮したことを強く覚えています。親子ほど離れたこんなおじさんのオファーを受けてくれてありがとう。「怪物さん」は、完全に彼女をイメージして書いたので、未だに自分のパートは違和感があります(笑)。彼女のカラッとした媚びない色気が伝われば嬉しいです。バカになりきれない女のやるせなさを歌にしました。僕なりの女性賛歌です。

あいみょんコメント

 堅さんと初めてお会いした時は、歌番組の生放送でした。ご挨拶に伺えるということで、めちゃめちゃ緊張しながら楽屋に向かったのを覚えてます。その時に、一緒に曲をやりませんか!と堅さんが言ってくれて。まさか!嘘やろ!とは思ってましたが本当に実現してしまいました。嬉しいです。未だに信じられないです。堅さんのSENTIMENTALoversというアルバムが大好きで大好きで、父親がくれた黒いラジカセで何度も何度も聴いていました。あの時のドキドキが今に繋がってる気がします。一生の宝物です。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)