1期生(C)STU

 STU48が、今年の卒業生にエールを贈るため、卒業生参加型で「卒業思い出動画」を制作することを決めた。

 【動画】公開された「桜の花びらたち2020〜STU48&広島交響楽団〜」

 昨今の臨時休校による卒業式の中止あるいは規模の縮小を余儀なくなれた卒業生に「音楽の力でエールを贈りたい」と、番組共演で交流のある広島交響楽団がコラボして、STU48の公式YouTubeチャンネルに『桜の花びらたち 2020〜STU48&広島交響楽団〜』を公開。

 今年3月に中学校・高校を卒業するSTU48のメンバー11人が集まり、広島交響楽団の生演奏で、AKB48の春の卒業ソング『桜の花びらたち』を歌唱。その様子を『桜の花びらたち 2020〜STU48&広島交響楽団〜』と題し、動画を制作する。

 動画の冒頭では、1期生で今年3月に高校を卒業する石田千穂が「一人でも多くの卒業生の方に届いたら嬉しいです」という想いを話している。

 同じくこの3月に学校を卒業する生徒などから『桜の花びらたち』を歌っている様子を収めた動画を募集。後日、STU48が撮影した動画と合わせて、『卒業思い出ビデオ』を制作する。出来上がった動画はSTU48公式YouTubeチャンネルで配信予定だ。

石田千穂・コメント

 生演奏で歌う機会が少ないので緊張しました。迫力のある素敵な演奏で歌わせていただけて本当に嬉しかったです。普段、劇場公演やライブをしている時よりもメンバーの人数が少なかったので、より大きい声を出せるようにお腹に力を入れて歌いました!

 広島交響楽団さんは同じ瀬戸内で音楽の活動をしていらっしゃっているので、ご一緒させて頂けて有難いですし、これからも一緒に瀬戸内を盛り上げていけたらなと思いました。

 この動画は、全国の卒業生の方やその保護者の方に、学校生活を思い出しながら見ていただけたら嬉しいです! あと、いつも応援してくださっている皆さんにも、学校を卒業しましたっていう報告の意味も込めて…たくさん見てほしいなと思います!

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)