Crystal Kayが17日、今秋に初のカバーアルバムを発売することが決定し、発売に先立って明日18日にレミオロメンの「3月9日」を先行配信する。

【もっと写真を見る】「3月9日」ジャケ写

日本のR&B界屈指のディーヴァ、Crystal Kay。13歳の時「Eternal Memories」で衝撃のデビューを果たしてから20周年を迎えた彼女が、初のカバーアルバムを発売することが決定した。

初カバーアルバムから第一弾として先行配信が決定したのは、卒業ソングの大定番ともいえる、レミオロメンの「3月9日」。本楽曲のアレンジには、初のタッグとなる新進気鋭のプロデューサー・Yaffle氏を迎え、繊細で切ない打ち込みのサウンドアレンジと、Crystal Kayの透き通る歌声が見事に融合した1曲に仕上がった。

配信ジャケットは、どこか懐かしさを感じる「絵文字」がモチーフとなっており、真っ赤な衣装が印象的な、20周年らしい新アーティスト写真も解禁した。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)