【笑い】ゆうなぁと同じことをもぎおんがやるとただただ笑いあふれる動画になってしまった(YouTubeより@ゆうなぁもぎおんチャンネル)

 AKB48の茂木忍と向井地美音が菓子作りに挑戦。話が止まらない茂木と向井地のにぎやかな様子にファンからは「リズムがいい」「面白い」と反響を呼んでいる。

 16日夜公開した、YouTube「ゆうなぁもぎおんチャンネル」の最新動画では、村山彩希と岡田奈々からプレゼントされた手作り菓子のお返しにと、茂木と向井地が菓子作りに挑んだ。

 茂木はチョコスコーン、向井地はオレオマフィンづくりに挑戦。のっけから笑顔の2人。もぎおんワールド全開で終始笑いが絶えない菓子作りに二人の個性が光った。

 しゃべりながらも手を止めない向井地に対して、茂木は開始早々にカフェタイムで一息。始めたかと思えば、しゃべりに夢中になり意味のない牛乳シャッフル。向井地がカメラから離れている合間を“首振りダンス”で繋ぎ、試食をしたらダンスを披露とまさに自由人。

 そんな茂木の姿に笑顔が絶えない向井地も、茂木と謎の行動をみせる。生地が出来上がったら寸劇。完成に近づけば謎のサイレントラップを繰り出す。更に替え歌を披露するなど賑やか。

 しゃべり倒す茂木だがところどころでセンスを見せる。対して向井地は終始器用に作っていく。そんな向井地に茂木は「作るときに思うのは感性でやっているよね」と投げかける。向井地は、レシピもちゃんと読んで臨んでいるといい「失敗するわけないと思ってやっている」と自信の様子だ。

 テンポよく交わされるトークだが、あれよと出来上がっていく。菓子作りのテンポもよさそうだ。終始笑顔が絶えない菓子作りの行方は…。そして、村山と岡田の反応は…。

 動画を見た視聴者からは「会話のリズム感がいい」「賑やかでいい」「本当に面白い」と好評の声が寄せられている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)