無観客の横浜アリーナに立つ高柳明音(C)2020 Zest,Inc.

 SKE48高柳明音が15日、卒業コンサートが行われる予定だった横浜アリーナからShowroomを配信。現在の心境を語るとともに、卒業が延期されることを報告した。

 【もっと写真を見る】横浜アリーナを眺める高柳明音(ほか6枚)

 新型コロナウィルス感染拡大の影響で中止となった横浜アリーナでの卒業コンサート。開演時刻だったこの日の午後6時半に、SKE48公式Youtubeチャンネルで「恋を語る詩人になれなくて」の公演映像を公開。続けて「誰かの耳」、「美しい狩り」、「兆し」が順次公開されていった。

 午後7時にはShowroomで高柳明音特別配信がスタート。横浜アリーナから高柳明音は「みなさん、お待たせしました」と涙目で挨拶。

 コンサート中止に「一言で表すのは難しいんですが、さみしいし、悔しいし、切ないし、でもしかたないし。そんな言葉で片付けられないくらいホントにみんなには楽しみにしてもらっていたと思うので、感極まってしまいました。これが素直な今の気持ちです」と明かした。

 また卒業時期についても言及。「SKE48の卒業はするが、時期がわからなくなってしまっているのが現状。卒業コンサートを開催してSKE48を卒業するという形だが、開催場所、時期がなかなか決まらずかなり先になるかもしれない可能性がある」とし「SKE48劇場での卒業公演ができたら、チームKIIを卒業する」という。

 また高柳は、自身が2011年の総選挙で秋元康氏に直訴して実現した、SKE48チームKII初となるオリジナル公演『ラムネの飲み方』公演のリクエストが多く寄せられていることを明かし、「絶対に『ラムネの飲み方』公演をやってから卒業するので、待っててください!」と誓った。

 同日午後8時からは、高柳と同じチームKIIで4月2日に卒業することを発表していた片岡成美もShowroomを配信。高柳と同じく、SKE48劇場での卒業公演ができる時期まで卒業が延期となることを発表。「SKE48 LIVE!! ON DEMAND」で特別コンテンツの予定があることも伝えた。

 3月16日午後5時からは「SKE48 LIVE!! ON DEMAND」で、「高柳明音 卒業SP〜11年分の劇場公演の思い出を語り尽くす〜&高柳さんの思い出の公演をリバイバル配信!」で、2期生同期である斉藤真木子と高柳明音が過去の公演を見返して、思い出を語り合っている模様を配信する。

高柳明音・メッセージ(抜粋)

 卒業コンサート中止の発表をした時は、すごく心は苦しかったけど前向きに考えていこうって決めて今日に至るんですが、昨日の夜唐突に、あーライブできないんだって思って。夢の中で考えるようなセットリストを作って動き始めていたのに、それを実際に今日届けられないっていうことが、ここに来たら現実味をおびてしまって、ほんとに私ここで卒業できなかったんだなって改めて実感してしまいました。一言で表すのは難しいんですが、さみしいし、悔しいし、切ないし、でもしかたないし。そんな言葉で片付けられないくらいホントにみんなには楽しみにしてもらっていたと思うので、感極まってしまいました。これが素直な今の気持ちです。

 高柳だけでも横アリ行こうかってスタッフさんが言ってくれて、チケットもありがたいことに完売していたし、こんなに素敵なところでコンサートができる予定で、スケジュールをとってくれていた方がたくさんいらっしゃったのに、できなくて申し訳ない気持ちもあります。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)