鹿児島県発男性ボーカルユニットのStefaが2月19日、シングル「青春」でメジャーデビューした。ボーカルのEISUを中心に、パフォーマーのTAKATO、TOMOYA、YU-GA、昨年、新メンバーSEANをボーカルに迎え、メンバー5人で新生Stefaとして始動した。デビューシングル「青春」は、どこか懐かしさを感じさせるロックナンバーで、現在の年齢や生きてきた時代によって捉え方が変わる1曲。インタビューではクールでユーモア溢れる5人の素顔に迫った。【取材=村上順一】

一人ひとりの個性が凄すぎて、たまに爆発する

――メジャーデビューへの意気込みをそれぞれお願いします。

TOMOYA メジャーデビューをさせていただくことになって、スタートラインに立てたと思っています。ここから上にあがっていけるよう頑張っていきたいです。

EISU メジャーデビューしての自分の目標は、自分たちのことを多くの人たちに知ってもらえるように、しっかり歌とパフォーマンスを届けていきたいです。

EISU

SEAN 今の活動にとどまらず、色んなことに挑戦できたらいいなと思っています。それによって自分たちの幅も広げられるし、今年はみんなと成長できる躍動の年にしたいです。

TAKATO もともとの目標がメジャーデビューすることでした。それを達成した今、また新しい目標を立てて、それもまた達成できるように頑張っていきたいです。

YU-GA ダンスボーカルユニットなので、今まで以上にダンスと歌を意識してトレーニングして、皆さんに届けたいと思っています。今いるメジャーのアーティストさん達に追いつけるように、これからも頑張っていきたいです。

――ユニット名のStefaには、どのような思いが込められているのでしょうか。

TOMOYA Step For AwardからStefaになりました。僕らは結成前は別々に活動していたのですが、それぞれが前を向いて道を進んでいった結果、この5人が集まったという経緯があります。

――Stefaの武器はどんなところにあると思いますか。

TOMOYA 今5人体制で2ボーカル、3パフォーマーという形で活動させていただいていて、甘い歌声のEISU、力強い歌声のSEAN、パフォーマー3人もダンスジャンルが異なっていて、それぞれの個性が光るユニットになっていると思います。

YU-GA パフォーマンスのジャンルがみんな違うと言うのは僕らの魅力の一つになっていると思います! そして、みんな面白いというのも武器の一つです。お笑い要素も強いグループなんです。

TAKATO 個々の力だと思います。一人ひとりの個性が凄すぎて、たまに爆発することもあるんですけど(笑)。

SEAN ライブで爆発しすぎてリーダー(TOMOYA)に怒られることもありますから(笑)。

――一番手に負えないくらいの爆発をするのは誰だと思いますか。

TOMOYA この中だとTAKATOとSEANがトラブルメイカーですね。

TOMOYA

SEAN え〜、そうかなあ。そんなことないよね?

TAKATO 僕も自覚はないです(笑)。

――SEANさんは加入されて1年ほど経ちましたが、馴染んできましたか。

SEAN 入りたては慣れない部分もあったんですけど、最初の頃に比べたら、だいぶ馴染んだと思います。

EISU 練習の時はお互い気兼ねすることなく言える仲になっています。やはりお互いに気持ちよく歌いたい、という思いが強いので、僕もSEANも思ったことはストレートに言うようにしているんです。

SEAN 人生の中の時間を使って僕らを観にきてくれる方がいらっしゃるので、来て良かったと思ってもらえるようにしないといけない、責任があるので、好きなことに僕らが妥協すると言うのは、お互いに許せないですし、成長しなければいけないと感じています。

メンバーの素顔

――今度はメンバーそれぞれにクローズアップしていきたいのですが、TOMOYAさんから見たEISUさんはどんな方ですか。

TOMOYA 僕とEISUがこのグループでは最年長で年齢も一緒なんです。それもあって精神的支柱で頼りになる存在です。グループの方向性とかも話し合うんですけど、グループ全体のことを一番考えてくれるんです。メンバーそれぞれに対する観察力や洞察力もあるんです。

――信頼が厚いんですね。敢えて直してもらいたいところとかありますか。

TOMOYA うわっ、難しいですね。これはいい意味でもあるんですけど、熱くなりすぎてしまうところがあるので、そこぐらいです(笑)。

EISU それは確かにある(笑)。

――EISUさんから見たSEANさんはどんな方ですか。

EISU SEANはやると決めたことはやる男です。そこがすごく良いところだと思っています。先ほどもお話ししましたが同じボーカルとして、悪いところも指摘してくれるし、僕が指摘しても素直に聞いてくれるんです。直して欲しいところは人の意見を一旦しっかり汲み取ってから、自分の意見を話してもらえたら嬉しいです(笑)。

SEAN 我が強いとよく言われます(笑)。

EISU 意志が強いから、人の意見が頭に入っていないんです。

――SEANさんから見たTAKATOさんは?

SEAN TAKATOの良いところは、良い意味で問題児みたいなところだと思うんです。誰もしないようなことを言ったりするんですけど、それが面白いんです。TAKATOは韓国がすごく好きなので、芸能が進んでいる韓国からインスパイアされているところもあって、MV撮影でも彼なりの表現がすごく良いんです。個々の力というのを一番表現できているのはTAKATOなんじゃないかなと感じていて、僕自身見習いたいところが沢山あります。

――では、ウィークポイントを挙げるとすれば?

SEAN 練習中にTAKATOとYU-GAの仲が良すぎて、おしゃべりが止まらないことがあるんです。それはちょっと直して欲しいですね(笑)。本当に仲が良すぎて、この前も間に僕が入ったんですけど、おしゃべりが止まらなくて。

TAKATO 覚えてない(笑)。

TAKATO

SEAN 大体いつもこんな感じなんです(笑)。

――そんな仲が良いYU-GAさんはどんな方でしょうか。

TAKATO 最初「1 Believe FNC」のオーディションを受けた時の同期がYU-GAなんです。その同期の中でオーラが一人だけ違いました。ダンスがすごくて影響を受けました。そのあとに合宿があったんですけど、そこから意気投合して仲良くなったんです。YU-GAのすごいところは1 Believe FNCに小学生で入ったんですけど、ダンススキルが小学生のレベルではなくて、すごかったんです。それは自分の中で悔しかったんですけど、逆に憧れてしまって。

――相当なレベルだったんですね。

TAKATO でもそれはダンスだけで、他は幼稚園児レベルなんです(笑)。それだけダンスに振り切ってしまっている、と言う意味なんですけど。それはダンスを見てもらえればわかると思います。踊っている時の目つきの鋭さとか本当にすごいので。

――YU-GAさんから見たTOMOYAさんはどんな方ですか。

YU-GA TOMOYA君は僕の先生なんです。

TOMOYA 僕は教員免許も持っていて、生徒と先生という関係性でもあるんです。

YU-GA 不思議な関係なんですけど、TOMOYA君はすごく真面目なんです。一つひとつのことに関してすごく一生懸命です。僕がオーディションで入った時は、女の子しかいなくて、その中で男一人で踊っているTOMOYA君の姿に僕はすごいなと思って憧れを抱いていました。

YU-GA

――そんなリスペクトのあるTOMOYAさんのウィークポイントはありますか。

YU-GA TOMOYA君は興味のあることはすごく追求するんですけど、ファッションとか興味が薄いところには全く関心がないんです。なので、服もあまり買わないから着まわしていることが多いので、敢えていうならそこです(笑)。

EISU 確かにTOMOYAから「服を買ったよ」と言う報告を受けたことはない(笑)。

SEAN TOMOYA君のイメージがどん底に(笑)。

TOMOYA いやいや、服は好きなんですけど、自分の中で優先順位があって低い方なんです。今はカメラのレンズとゲーミングPCに興味があるので、なかなか服までいかない(笑)。

堅実にしっかりと土台を作りながら進んでいけたら

――デビュー曲「青春」は90’sを感じさせるロックナンバーに仕上がっていますが、皆さんはどのような感想をこの曲にもちましたか。

TOMOYA 「青春」というタイトルということもあり、甘酸っぱいイメージがあると思うんですけど、僕らの「青春」はイントロから少し懐かしさも感じられる曲調になっています。良い意味で男臭さのある“青春”です。今流行っている感じの曲とは違うので、若い世代にも新鮮さを感じてもらえる1曲になったと思います。

――歌で聴いて欲しいポイントはありますか。

EISU サビの最後に<Ah~Ah~Ah~>というパートがあるんですけど、ここは皆さん頭に残るんじゃないかなと思います。僕らも最初聞いた時にすごくインパクトがあったので。

SEAN 僕らの世代にはあまりなかったテイストだなと思いましたから。

EISU 僕は自分の両親の世代の曲をボイトレとかで歌ったりするので、最初聴いた時に「自分が歌ったらどうなるんだろう?」というワクワク感と、SEANの声と合わさったらどんな音楽になるんだろうという楽しみがありました。

SEAN 流行りって巡るものだと思っていて、この「青春」をきっかけに一昔前のメロディがまた流行ったら面白いんじゃないかと思います。若い子たちが僕らの作品をどう感じ取ってくれるのか、というのがあります。僕らなりの青春を歌に込めたので。今の若い世代が共感したり、エネルギー源になってくれたら嬉しいです。

SEAN

――熱いですね! ちなみに気に入っているフレーズはありますか。

SEAN 自分のパートなんですけど、<出会えた事それがすべて Ah~Ah~Ah~>です。出会いというのは学生だからこその奇跡があると思っていて、出会いこそが青春の全てであり、思い出なんです。学生時代は誰にでも思い出に残ると思うんです。短い言葉なんですけど、この一節でいろんなことを思い出させてくれました。

――TAKATOさんはいかがですか。

TAKATO 僕の中では中学・高校時代が青春というイメージが強いんです。例えば部活をやっていた人にしかわからない感情だったりもあると思うんですけど、それを僕ら5人でパフォーマンスして、僕らの青春に対する気持ちが伝われば良いなと思っています。

――この曲のパフォーマンスの見所は?

TAKATO 個人的に気に入っているのはソロパートなんですけど、僕が前に出る時に4人は後ろを向いているんです。前に出ていくタイミングでみんなが順番に振り向いていくんですけど、僕が操っているような感じがあってお気に入りなんです。

YU-GA デビュー曲ということもあり、みんな今まで以上に力を入れて練習しています。細部まで意識して練習に取り組んでパフォーマンスしています。意識が今までとは違っていてMV撮影の時にそれを特に実感しました。最初から最後まで楽しんでもらえたら嬉しいです。

――撮影でのエピソードはありますか。

YU-GA 撮影はみんなすごくテンションが上がってしまって。

SEAN 普通は休憩を挟みながら何回か撮るんですけど、テンションが上がりすぎて5連続で撮ったんです。もう髪のセットだけ直して、間髪入れずにやったんです。

EISU それを提案したのがSEANなんです。まだ誰も承諾していないのに連続での撮影になっちゃって。

YU-GA パフォーマーは踊りっぱなしですごくきつくて、TAKATOは「SEANふざけんなよ!」ってぼやいてましたから(笑)。

――過酷な撮影だったんですね(笑)。さて、同じ事務所の1-Girlsも一緒にメジャーデビューされましたね。

SEAN 一緒に高め合っていけたら良いなと思っています。

YU-GA 合同でパフォーマンスの練習をすることがあるんですけど、けっこうバチバチになることがあるんです。お互いに刺激し合っていけていると感じています。

――最後にこれからの展望について教えてください。

TOMOYA 昨年はワンマンライブを行わせていただいて、そこで日本武道館でライブをすることが目標だとお話しさせていただきました。その目標は今でも変わっていません。そこに向かって堅実にしっかりと土台を作りながら進んでいけたらと思っています。

(おわり)

この記事の写真

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。