大原櫻子が9日、和楽器奏者とコラボレーションした配信シングル「花光る」をリリースし、リリックムービーも同時公開した。

 これまでもジャンルにとらわれずポップナンバーから弾き語り、グローバルにオントレンドな打ち込みナンバーや、ハワイアンテイスト、ライブにおいては邦洋カバー曲まで様々な楽曲を高い歌唱力と表現力で発表・披露してきた大原櫻子が、今度は初めて和楽器奏者とコラボレーションした配信限定シングル「花光る」を、毎年ファンがさくの日として盛り上がる3月9日に配信限定リリースした。

 このシングルは大原櫻子が学生時代からの友人であり篠笛奏者ホープの玉置ひかりとコラボレーションし制作した配信限定のシングル。音・歌詞の全面で和テイストを打ち合出した初の和楽器奏者とのコラボレーション楽曲となる。和楽器と大原歌唱のコラボレーションと、高校時代を共に過ごし、光り射す未来を夢見た2人の心境が描かれた歌詞になっている。楽曲配信と同時にその歌詞にクローズアップしたリリックムービーも公開となった。

大原櫻子コメント

 3月9日、さくの日に、いつもありがとう(3サン9キュー)をファンの方に伝えたい思いが毎年あったので、今回は楽曲を届けられるのが大変嬉しく思います! 何より、その楽曲が、親友とのコラボレーションということで、喜び倍増です。玉置ひかりさんの演奏を初めて見たのは、同じ高校を卒業して、数年経った後でした。「今度とあるお芝居で、演奏として入るから見に来て欲しい」とメールが彼女から届きました。もともと気になる芝居だったので、もうチケットを取っていました。ご縁を感じながら、観劇に行きました。観劇後、彼女といつかコラボレーションしたいスイッチが入り、その旨を早速彼女に話しました。まさか実現するとは、、嬉しいです。

 とても繊細で且つエネルギッシュで、彼女の優しさ溢れる性格が笛の音に染み込んでいて、大好きです。そして今回の楽曲、姉が作詞をしてくれました。和楽器とのコラボレーションということで、言葉のチョイスにもこだわってくれたり、私たちの関係を聞いた上で想像して書いてくれました。まるで昔の私たちのことを知っていたのかくらい、厚みのある言葉を産んでくれました。素晴らしい音と、言葉に寄り添えるように、愛情込めて歌いました。是非聴いてください。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)