乃木坂46「しあわせの保護色」MV

 乃木坂46が6日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演。卒業を発表している白石麻衣の“卒業シングル”「しあわせの保護色」をテレビ初披露すると、そのパフォーマンスにファンから「本当に感動しました」などと反響が挙がった。

 【写真】めがねをかけた白石麻衣

 この日の放送に出演した乃木坂46。すでにグループからの卒業を発表している白石がセンターを務める“卒業シングル”「しあわせの保護色」を歌唱した。

 歌唱前のトークで白石は「卒業シングルってなると、切ない曲やさみしい曲が多いと思うんですけど」としつつ、この楽曲は「“さよなら”じゃなく“またね”って言えるような、前向きで温かい曲になっています」とその魅力を紹介。

 さらに、生田絵梨花は「この曲歌っていると、自然に笑顔になってしまうし、まいやんへの大好きみで私たち溢れてしまうんですよ」と語ると白石も笑顔。「それが少しでも伝染したらいいなって思います」と白石への敬慕の気持ちを言葉にこめた。

 白色を基調にした衣装でそろえた乃木坂46。センターの白石は優しい歌詞やメロディにリンクするような爽やかな笑顔を見せる。サビに入ると白石を囲んだメンバーと視線を合わせるなど、見事なパフォーマンスを披露した。

 この白石の“卒業シングル”テレビ初歌唱はネット上でも大きな反響が見られ、ツイッターには「まいやん、女神みたいやわ~」「うん。神曲」「まいやんはやっぱ輝いてました!」などと称賛の声が寄せられた。

 さらに、ファンからは「まいやんの周りを1期生が回るとこマジでいいな」「まいやん中心に1期生が円描く所は感動モノ」「1期生がまいやん囲んでハイタッチしてた所は本当に感動しました…」「1期生でまいやんをかこってるとこで涙線崩壊した」との感想も。

 エースとしてグループをひっぱってきた白石とつねに寄り添い合いながらグループを盛り上げてきた1期生。ファンはその関係性をあらためて確認し、感動させられているようだ。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)