北川景子の出演シーン

 女優の北川景子が、GLAYのベストアルバム『REVIEW II 〜BEST OF GLAY〜』のCMで歌声を披露している。

 【動画】公開された「HOWEVER」「SOUL LOVE」動画

 3月11日にリリースされるGLAYのベストアルバム『REVIEW II 〜BEST OF GLAY〜』。CMでは、同作に収録の「HOWEVER」「SOUL LOVE」を、それぞれ対照的なシチュエーションで北川景子が歌う。

 デビュー25周年記念、そしてGLAY最大のヒット作「REVIEW」の名前を引き継ぐ特別なベストアルバムのCMということもあって、GLAYと深いつながりがあることから北川景子に出演をオファー。GLAYは彼女の結婚式でも「HOWEVER」を披露したという縁もあることから、北川もこのオファーを快諾。北川も昔から聴きなじんでいるというGLAYの名曲にのせて、自身初となるCMでの歌声披露での“共演”が実現した。

 このベストアルバムは、単にシングル曲を集めたものではなく、自分たちの納得する楽曲を収録したベスト盤にしたいというメンバーの思いがより強く込められており、各メンバーそれぞれが選曲したディスク4枚組でのリリースとなる。

北川景子の出演シーン

 駐車場に停めた車の中から窓の外を眺め、「HOWEVER」を聴きながら口ずさむ北川。この曲を聴いていた当時の思い出が蘇り、感情が涙となって静かに溢れ出す姿が、とても切なく印象的な作品である。北川は「この涙の演技にあたり、うまくできるか不安でしたが、実際に曲を聞きながらのお芝居でしたので、涙を流すことができました」とコメント。

 “いつかのメロディ。いつものメロディ。”というキャッチコピー通り、誰もが耳にしたことのある懐かしのメロディが、今でもなお馴染みのある楽曲であることが鮮明に描かれている。

 もう一方は対象的に、晴れの日の朝、出かける準備をしながら思わず「SOUL LOVE」を口ずさむという、爽やかな作品に。「ふいに心を奪った瞬間の あのトキメキよりも眩しい程に」という歌詞から伝わる、恋をした時の心の躍動が描かれている。キャッチコピーの“いつも歌っていた。あいつも歌っていた。”が更に響く内容だ。

北川景子・コメント

 GLAYの皆さん、デビュー25周年おめでとうございます。今回はこのような貴重な機会を頂き、本当にありがとうございます。

 お話を頂いた時、撮影で何ができるだろう、どうしたら伝わるだろうと、自分でもアイディアを出し、良いものを作ろうと思い撮影に臨みました。

 撮影では『HOWEVER』『SOUL LOVE』とそれぞれ全く異なる2本のCMにしたいと思い、お芝居や衣装など変え、曲を深く追求したので、そんなCMが出来たのではないかと思います。

 CMでここまで歌ったのは初めてのことであり、さらに撮影にTERUさんがいらしていたこともあり緊張しましたが、撮影で実際に歌うと、懐かしい気持ち、楽しい気持ちが湧いてきて“思わず口ずさみたくなるメロディ”というのは本当だなと思いました。

 このCMを見て初めてGLAYのCDを買う方もいると思いますが、ファンの方に喜んで頂くことは勿論、そうでない方々にも魅力を届け、喜ばれるCMであれば嬉しいです。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)