乃木坂46

 乃木坂46が2月29日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された『第30回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 SPRING/SUMMER』に出演。新型コロナウィルス感染拡大予防のため、異例の無観客開催となったが全力パフォーマンスをみせた。

 【もっと写真を見る】乃木坂46、無観客ファッションショーで全力ステージ(12枚)

 この日はライブ配信アプリ「LINE LIVE」で完全生中継された。開催30回目の節目で異例の無観客ファッションショーの大トリを飾ったのは乃木坂46。歓声はないもののラインティングや音響は通常と変わらず、乃木坂46もそのなかで全力でパフォーマンスした。

 センターに立つのは白石麻衣と齋藤飛鳥。まずは「インフルエンサー」を披露。華麗に舞うメンバーを青と白の光が照らす。「まだまだ盛り上がっていきますよ!」と白石がカメラの向こうの視聴者に呼びかけると「ガールズルール」。キュートなダンスも見せる。

 「逃げ水」では大園桃子と与田祐希がリードをとる。再び白石がセンターに立ちラストは「シンクロニシティ」。ステージを終えたあとキャプテンの秋元真夏は「記念すべき日にこうして出演することができて本当にうれしく思います」と感謝した。

乃木坂46

 3月25日発売の25thシングル「しあわせの保護色」をもってグループを卒業する白石にとっては在籍最後のTGCのライブ。「インフルエンサー」や「ガールズルール」では笑顔で舞い、ステージを終えた後は清々しい表情。その姿が印象的だった。

 今回のTGCは「I (ハートマーク) TGC」をテーマに開催。中条あやみ、新木優子、朝比奈彩、池田エライザ、山本舞香などのモデルが出演。乃木坂46や欅坂46、日向坂46のメンバーもランウェイを歩き、華を添えた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)