木村拓哉

 木村拓哉が2月29日放送のNHK「SONGS」に出演。5年ぶりのコンサートを開催した中で、自身の思いを率直に語った。

 【写真】木村拓哉とB’z稲葉浩志の2ショット

 今年1月に最新アルバムをリリースし、2月にはコンサートも開催した木村。プライベートでも親交の深いB’z稲葉浩志との対談や、ライブ本番への準備を進める木村に番組は密着した。

 稲葉との対談の中では「(ライブを)やる前は非常に、正直、怖かった」と本音を口にした木村。初日を迎えるまえでは、「かなり正直びくついてましたね。どんな空気がそこに存在するんだろうっていうのは、本当にリハーサルではまったく見えてないし」との心境を抱えていたという。

 多くの人が関わってくれることを強く受け止める木村は「路上ライブじゃないから、小屋もおさえてもらって、それなりの人員が稼働してくれて、こうやって(振り付けを)作ってくれて」と口にする。

 そして、「関わってくれてる人たちの頭数数えたら恐ろしいほどの人が関わってくれている。そりゃあ、覚悟しないと」とも述べ、5年ぶりのライブに対する強い決意を口にした。

 本番前日にステージでリハーサルをおこなった木村。「しゃれっ気のあるスタッフで、ポップアップのイントレの横に紙で手書きで『今日はリハ日、よろしくお願いします』、その下に『お帰りなさい』って」と楽しそうに現場を見つめる。

 木村は「一つ一つ、一人一人の直接口に出して、目を見てじゃない気持ちだけど、そうやって表現してくれるみんながいてくれて、一瞬じーんとしてしまいましたね」とも述べ、背中を押してくれるスタッフの思いを受け止めている様子だった。
 
 ライブではSMAPの楽曲「夜空ノムコウ」も歌唱した木村だが、歌うことに決めた理由について、「やりたいっていうのが1(割)。やってくんないかなっていうふうに客席のみんなが思ってくれてるかもしれないのが9(割)かな」と説明。

 その上で、「皆さんの時間の中にその曲がどっかにあったはずだから、それを共有するっていう意味では、僕は『やらせて』とは言わせてもらいました」と選曲した理由を語った。

 そして、番組では「みんなが期待する木村拓哉」でいることに疲れることはないかを尋ねたが、木村は「ない」ときっぱり。「これくらいで疲れたって言っちゃダメですよ」とも話していた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)