『第34回日本ゴールドディスク大賞』が27日発表され、AKB48が「サステナブル」で「シングル・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。AKB48は10年連続の受賞となった。

 またAKB48は、「サステナブル」での「シングル・オブ・ザ・イヤー」「ベスト5シングル」受賞と合わせて「ジワるDAYS」でも「ベスト5シングル」を受賞した。

 AKB48横山由依と向井地美音は次の通りにコメントを寄せた。

受賞コメント

 「サステナブル」でシングル・オブ・ザ・イヤー、そしてベスト5シングルに2 作品も受賞させていただくことができました。

 いつも応援してくださるファンのみなさんのおかげです、本当にありがとうございます。

 「ジワるDAYS」は指原莉乃さんのラストシングル、「サステナブル」も矢作萌夏ちゃんのラストシングルとなり、新たな旅立ちを迎えた二人もきっと喜んでいると思います。

 そしてシングル・オブ・ザ・イヤーはなんと、10年連続で受賞させていただいていますが、これも先輩方が築いてくださったAKB48の歴史だと思いますので、これからも私たちの世代がこの記録をまだまだ伸ばせるように頑張っていきたいです。本当にありがとうございました。

(AKB48 横山由依・向井地美音)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)