アイドルグループの転校少女*が26日、メジャー1stシングル「情熱リボルバー」をリリース。今作は転校少女*の新章突入を感じさせる意欲的な曲となった。今年1月に小西杏優が体調不良のため脱退、さらに小倉月奏も休養中で4人体制で活動する転校少女*。そんな中でもアップテンポナンバー「情熱リボルバー」が表すように、前向きな姿勢で新たなスタートを切る。4人になったからこその強み、際立つ各々の個性、個々の責任感、新体制になってから湧き出た情熱などポジティブなワードからも、うかがえた転校少女*の明るい未来について大いに語ってもらった。【取材/撮影=平吉賢治】

夢を追いかけて諦めないでこの4人で

――メジャーデビューから約半年が経ちますが、現在の心境や周りの変化はいかがでしょうか。

上原わかな メンバーの人数が変わったり色々あったんですけど、今作はとても前向きで明るいテーマなので、その曲の通り夢を追いかけて諦めないでこの4人で頑張って行きたい心境です。

上原わかな

塩川莉世 メジャーデビューアルバム『COSMOS』の時はまだメジャーという実感がなかったりして「ドキドキしてます…」とか言っていたんですけど、私達もちょっとずつ慣れてきて、メジャーデビューしたからにはもっともっと成長できたらいいなって思っていました。そして、この4人になって色々工夫したり、ライブをどうするか話し合ったりと、向上心は今一番勢いがあって凄くポジティブです。

松井さやか 不安に思っているファンの方も多いと思うんですけど、メンバーも最初は不安が大きかったんです。でも、下を向いていても変わらないので、上を向いて頑張って行こうという時にこの「情熱リボルバー」という今にピッタリの曲を書いて頂いたんです。この曲があるおかげでメンバーも前向きになれたし、もっと頑張って行こうと気合が入りました。背中を押される曲をもらえたので新たな再スタートとして凄くタイミングも良くて、今乗りに乗っています!

寺田葵 人数が少なくなったので、各々のパフォーマンスの仕方や気持ちの面でも一人ずつの責任感が大きくなりました。「この先大変だね」と思われている方も多いと思うんですけど、メンバー的には前向きにポジティブに色んなことが進んで行っているので、マイナスになったことはむしろ無いんじゃないかなと思っています。

――メンバーが減って4人体制になっても前向きなマインドは全員一致していますね。

上原わかな ライブのMCとかも今までちょっと落ち着いた感じだったんですけど、今は…。

松井さやか 「転校少女*です! ワァー!」ってね(笑)。

寺田葵 一人ずつの個性も前より見えやすくなったんです。

松井さやか わかなも4人体制になってからのほうがMCの時なども個性が出てきたんです。今は4人均等にスポットライトが当たっていて、ある意味それぞれの魅力が見えやすくなったと思います。

寺田葵 人数が多いのがダメだったというわけではないんですけど、「崖っぷちを乗り越えて自分達が頑張らないと」という気持ちが良い方向に向いていると思います。

上原わかな 責任感は4人とも持ちつつ、一人ひとりが余計に頑張ろうという気持ちが今は強いです。

塩川莉世 人数が減った分パートや歌割りが増えるじゃないですか? それで「ここ歌えるかな…」って不安になる子がいても3人が「大丈夫!」って(笑)。

寺田葵 私がよく「歌割り増えた…歌えるかな」って言うんです。でも絶対みんな「大丈夫!」って言うんです。

塩川莉世 そういうチーム感が大事だと思うんです。

塩川莉世

――「できるかな…」という時に「大丈夫!」と周りが即答してくれると心強いですよね。

松井さやか フォーメーションも7人バージョンから6人バージョン覚えて、次は5人、4人という風にどんどん変わったので大変ではあるんですけど、大変だからこそやりがいがあるんです。“働いている感”というか(笑)。生きている感じが凄くあります。

寺田葵 毎回緊張感をもってやってます!

上原わかな 良い意味でドキドキするよね。

松井さやか そのぶん確認もしっかりするし、MCでも「誰がここを話そう」とかちゃんと決めてステージに立てるようになりました!

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連記事は下にスクロールすると見られます。