指原莉乃

 指原莉乃が、23日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』に出演。懸念されている新型コロナウィルスの感染拡大について見解を示した。

 感染拡大を受け、アイドルグループなどは握手会の延期やイベントの中止などを発表している。

 自身もアイドルグループをプロデュースする指原莉乃は「接触系のお話をするような行為は私のグループもそうですし、AKB48グループも、(ほかにも)例えば乃木坂も中止していると聞きました」と現状を説明。

 ただ、今回の事象によるコンサート中止は「保険が下りない」と指摘。「天候、雷や嵐は(契約書のなかに)入っているので損害がないんですけど…」としたうえで、今回のような事例では「コンサートは大損害」とし、「基本的にどこも、どのアーティストもやっていますよね」と中止にできない事情を明かした。松本人志も「それを誰が補填してくれるとかはないからね」。

 また、東野幸治が、“新型コロナ感染拡大”は「経済的に莫大な損害になりかねない」との趣旨で懸念を示すと、指原は「個々の団体だったり、事務所だったり、運営側に中止を任せますといのは責任が大きすぎる。日本から『ダメです!』と言われたら、当然、中止する。損害とかそういう話ではない」と見解を示した。

 ちなみに、コンサート運営会社などの多くは、実施に当たっては「感染拡大の防止に細心の注意を払う」とし、対策を講じると説明している。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ