22歳の誕生日ケーキを前に撮影に応じた藤田ニコル(撮影=木村武雄)

 藤田ニコルが22日、都内で、1stグラビア写真集『好きになるよ?』(講談社)の発売記念イベントを開催。イベント前には囲み取材に応じ、本作に寄せた思いを明かした。

 【写真】スタイルの良さが際立つ藤田ニコルの水着姿

 「ここまでやるのは最初で最後」という自身の強い覚悟を持って露出度の高い撮影にも臨んだ。「全部やり切りました」という藤田は「バラエティのイメージとは違う、ちょっとエッチな、リアルな“にこるん”が見せられる」と自信。

 22歳というこの時期が「写真集を出すのにふさわしいタイミングだった」。お気に入りのカットは、美尻が際立つバックショット。「バストは生まれもったものだけど、お尻は努力したらいくらでも盛れる。お尻で勝負しようと思った」という思いが表現されたカットだという。

 以前からトレーニングに精を出していたが、それまでは腹筋をバキバキに割るような肉体だった。だが今回は「そういう体は男の人は求めていないと思う」とし、女性らしい体を目指すためトレーニングの回数を減らし、くびれをつけたり、ヒップトレーニングに力を入れたそうだ。

 今回、手ぶらにも挑戦しているが「手ぶらの仕方が分からなくて…濡れていたこともあって滑ってしまって」といい、女性スタッフが脱いで見本を見せたくれたようで「綺麗に持ち上げていた」と振り返った。

 目標の部数は「25万部」。当初は、“にこるん”にかけて「256万部」を掲げていたが、「それは難しいので、25万部。でも22歳にかけて22万部も。部数が全てではないけど、皆さんに届けば。出したこともないほくろもでているので、お尻だけじゃなくてほくろもみてほしい」と呼びかけた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)