『巌流島』メインビジュアル

 横浜流星が宮本武蔵役として主演し、伊藤健太郎が佐々木小次郎役で共演します舞台『巌流島』のメインビジュアルが完成した。

 【写真】受話器を持つ横浜流星

 横浜流星が武蔵、伊藤健太郎が小次郎の衣裳に扮し、「巌流島の戦い」さながらの迫力あるメインビジュアルが完成した。撮影時は気迫がみなぎり、今にも闘い、決闘本番に挑むかのような迫真のビジュアルとなっている。なお、本番の衣裳とは異なる。

 舞台『巌流島』は、歴史に残る対決として世に知られている、剣豪・宮本武蔵と佐々木小次郎の「巌流島の戦い」に焦点をあて、2020年7月31日(金)から9月10日(木)まで、東京・仙台・新潟・金沢・名古屋・高松・大阪・福岡の全国8カ所で上演する。

 圧倒的迫力で魅せる大立ち回り、人間ドラマが織り成す決闘の真実、関門海峡に浮かぶ「巌流島(船島)」で繰り広げられた大勝負、その壮絶な戦いを、壮大かつ画期的なアクション時代劇として描き出す。

 今回の舞台化のため、新解釈、新設定をもとに新たに脚本を創り上げ、オリジナル作品として製作・上演する。

 主演の横浜流星と共演の伊藤健太郎、2人が本格的な殺陣に初めて挑み、凄まじいアクションを披露するのも大きな見せ場となる。清新かつ話題性十分の2人の初顔合わせにより、令和版の新しい『巌流島』を創造する。

【脚本】 マキノノゾミ 【演出】 山田和也
【出演】 横浜流星 伊藤健太郎 前田公輝 荒井敦史 岐洲 匠 押田 岳 宇野結也 菅原 健 俊藤光
利 横山一敏 白羽ゆり 葛山信吾
【東京公演】 7月31日(金)~8月10日(月) 明治座
【仙台公演】 8月13日(木) 東京エレクトロンホール宮城
【新潟公演】 8月15日(土)・16日(日) 新潟テルサ
【金沢公演】 8月19日(水) 本多の森ホール
【名古屋公演】 8月21日(金)~23日(日) 御園座
【高松公演】 8月26日(水) レクザムホール
【大阪公演】 8 月28日(金)~30日(日) 梅田芸術劇場メインホール
【福岡公演】 9月2日(水)~10日(木) 博多座

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)