「サムのこと」場面写真

 乃木坂46の4期生総勢11人が、西加奈子氏「サムのこと」「猿に会う」2作品を実写ドラマに出演する。同タイトルを2020年2月20日からdTVで独占配信する。

 【もっと写真を見る】「サムのこと」場面写真(4枚)

 今回、映像化するのは、西加奈子氏の初期の短編「サムのこと」と「猿に会う」の2作品。著者の西加奈子氏は2015年に「サラバ!」で直木賞を受賞し、累計100万部を突破したベストセラー作家。これまで、自身の作品では、宮崎あおいと向井理の出演で大きな話題を呼んだ『きいろいゾウ』(2013年公開)、『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』(2014年公開)、『まく子』(2019年公開)の3作品が映画化、今秋には4作品目となる『さくら』が公開予定だが、ドラマ化されたのは本作が初となる。

 ドラマ化する「サムのこと」「猿に会う」の両作品に共通するテーマは“青春時代の葛藤とそれを乗り越えていく希望”。このテーマを描くにあたり、日本を代表するアイドルグループにおいて大きなプレッシャーを受けながらも青春時代を送り、今後、更なる躍進が期待されている乃木坂46の4期生に出演を打診し、企画が実現。

 乃木坂46の4期生は2018年12月にデビューし、日本武道館でお披露目された「乃木坂46・4期生お見立て会」で約1万席のチケットが発売後2時間で完売するなど、デビュー当時からその注目度の高さを証明。さらに、4期生の遠藤さくらは24枚目のシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」で初センターを飾ったほか、フロントには同じく4期生の賀喜遥香と筒井あやめが起用されるなど、これからのグループを背負う次世代のセンター候補として既に圧倒的な人気を集めている。

 乃木坂46・4期生は本作がドラマ初出演となり、「サムのこと」では遠藤さくら、「猿に会う」では賀喜遥香が共にドラマ初主演を務める。

 「サムのこと」は同じアイドルグループのメンバーだった1人が亡くなったことをきっかけに久々に集まった元メンバーの4人が当時を振り返る過程で、仲間を失った喪失感が生きる希望へと変わっていく模様を描いた群像劇。

 キャストには自由奔放で独自の世界観を持つサム役の遠藤さくらを始め、LGBTであることをメンバーに隠し続けるアリ役の早川聖来、ストレスが原因でアルコール中毒になるキム役の田村真佑、SNSでアイドルである妹のネガキャンを行うモモ役の掛橋沙耶香、占いに傾倒してしまい、借金まみれになるスミ役の金川紗耶、姉からのネガキャンでメンタルをやられ引きこもりになるキララ役の筒井あやめ、サムたちがよく通うカラオケボックス店員役の矢久保美緒の計7人が出演する。

ティザービジュアル

 一方、「猿に会う」はコンプレックスを抱える仲良し女子大生3人が日光への旅行を通じて、殺人事件など様々なトラブルに見舞われながらも、それぞれの人生を見つめ直すロードムービー。

 本作の主人公で耳に大きなホクロがあるというコンプレックスを抱えるまこ役の賀喜遥香をはじめ、しっかり者で物事を四捨五入しがちな性格のきよ役の清宮レイ、今まで男性とお付き合いした事がなく歯の矯正をしているさつき役の柴田柚菜、まこたちと同じ大学に通う少しイケてるタイプの女子大生である涼子役の北川悠理ら計4名が出演。どちらの作品も普段のメンバーからはとても想像できない異色なキャラクターを演じており、この作品でしか見ることの出来ないメンバーたちの意外な一面や、本格演技初挑戦という本作に体当たりで挑むメンバーたちの迫真の演技が見どころだ。

 「サムのこと」の監督には、映画『重力ピエロ』『見えない目撃者』など数多くの作品を手掛ける森淳一、「猿に会う」の監督には乃木坂46をはじめ、ゆず、Mr.Childrenなど300組以上のMVやコンサート映像を手掛け、乃木坂46ファンからの支持も厚い高橋栄樹をそれぞれ起用。乃木坂46の世界観をそのままに、西加奈子が描く繊細でありながら生きる希望を描いた本作を活写する。

この記事の写真

記事タグ