女優の吉高由里子が14日に自身のツイッターを更新。主演ドラマでの激しいキスシーンに、ネット上で「首もげたかと思った」などと心配の声が挙がっていたことを受け、「首は無事です」と報告した。

 現在、日本テレビ系で放送されているドラマ『知らなくていいコト』で主人公の真壁ケイト役を務める吉高。週刊誌の敏腕記者という役どころだ。

 ファンの心配を誘うことになったシーンは、12日に放送された第6話のラスト。元恋人の柄本佑が演じる尾高由一郎に強引にキスされたときのこと。柄本は隣に座っていた吉高の頭をつかみ、グッと自らの唇に引き寄せた。

 このキスシーンに「柄本祐と吉高由里子のキスシーンはニヤニヤしました」「あの強引なキス~ いやあキュン死」「不意打ちで心臓が射抜かれたぁー!」「高速キスにメンタルもっていかれました」などと大きな反響が挙がった。

 それと同時に「キスの勢い、びっくりしたわ」「吉高由里子の首もげたかおもたわ」「首痛めそうなキスだった」「ちょっと勢いよすぎじゃない? 大丈夫? 吉高さん首やってない?」などと、激しい勢いだったキスシーンから吉高の首を心配するコメントも続々と寄せられていた。

 そうした中、吉高は自身のツイッターを更新し、「6話を観て 心配してくださった方々がたくさんいらっしゃったのですが 首は無事です」と報告。笑顔の絵文字をつけて無事を伝えると、ファンから安堵の声が寄せられた。

 さらに、「あんな勢いあったのは 自分で観ても驚きでした笑笑」とキスシーンを振り返り、その激しさに自らも驚きの心境を抱いたようだ。

 そして、「吉高、そこ変われ!! っておなご様方も多いかと思われますが 次週からケイトに不幸が訪れます また新たな展開が待ってるので最後まで見届けてくださーい」とファンにメッセージを伝えている。

 ドラマ『知らなくていいコト』の第7話は19日に放送される。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)