南羽諒(C)NMB48

 NMB48・南羽諒(みなみ・はあさ)が13日、大阪市内のLAUGH & PEACE ART GALLERYで自身初の個展『南ダンボール製作所展』で出品する作品の説明会を開いた。

 【もっと写真を見る】段ボール製ブランコに乗る南羽諒(15枚)

 段ボールを使って様々なアートを手掛ける南。ネット番組『新YNN NMB48 CHANNEL』の人気コーナー『南ダンボール製作所』で作った作品を展示する。

 展示品は『生活を便利にする』というアイデアのもとに作られたもの。番組で話題を呼んだ作品や初公開となる新作などのほか、マグネットクリップやバインダーなどオリジナルグッズも販売される。

 「社長」の愛称でも知られる南は「この個展のために新作も作ったので、ぜひ楽しんでいただけたらと思います」と挨拶。オレンジジュースを手に「乾杯!」の発声。参加者とかわした。

 展示品のなかでひときわ目立つ『ただのブランコ』。実際に乗れるようで「自己満足でどうしても乗りたくて、土台を強く固めて作りました!」と力説。さらに「すごい力が必要で、手がカサカサになるまでがんばった作品です!」と胸を張った。

南羽諒(C)NMB48

 続いては『手が疲れないスマホ置き』。「ベッドで寝ているときに手が疲れるのが嫌だな〜と思ったのがきっかけ」と話し、重要なポイントは、サイドに空いた酸素を通すための2つの空気穴。

 「これは本当に自信作!」と力を込めたのが『便利なゴミ捨て機』。「ゴミを捨てるとき、動くのが面倒くさい、できるだけ動かなくていいようにという思いで作りました」と制作のきっかけを明かした。

 『先がわかるよ!ガオガオトイレットペーパー置き』は、この個展のための新作。ギザギザになった蓋の部分について、恐竜の歯をイメージ。『ずぼらハンガー』については、「これも本当にがんばった!」と感慨深げ。「基本、面倒くさいと思うことが作品を生み出すきっかけです」と、創作の源を明かした。

 入り口横に置いている『叫んだら酸素になってくれる悩みスッキリ装置』については、「今回、叫ぶのは禁止です!」と注意したあと、もうひとつの新作『ダン・ハニー』について説明。構想から完成まで普段なら1、2時間のところ「3日かかった」という力作。名前の『ダン・ハニー』は、ダンボールと埴輪から来ていて、「かっこいい感じで真ん中に点を入れてみました」とネーミングについても明かした。

 自身初の個展に「夢のようで、今でも実感が湧いて無くて」と自身も驚き。「こうしてファンの皆さんに見ていただいたり、体験していただける機会をもらえたのは、うれしくて光栄なこと」と感謝した。自分の趣味が仕事につながるのがすごくうれしいとも語り「これからもっともっと趣味を出していって、いろんな方にNMB48にこういう人がいるんだと知ってほしい」と期待を込めた。

 ダンボールでの作品作りは中学1年の頃から。今回一番の自信作は「やっぱり乗れるのがポイント」の「ただのブランコ」。だがダンボールを丸めるのにもの力は必要で「もうやめたろか! と思ったこともあった」と作品作りの裏側を明かした。

 「いつか船を作ってみたい」という南は、その船で乗って川下りしてみたいという夢を膨らませていた。

 ユニークなダンボール作品が展示された『南ダンボール製作所』は3月2日(月)までの開催、期間中にトークショーも行われる。

南ダンボール製作所展

場所 LAUGH & PEACE ART GALLERY
期間 2月13日(木)〜3月2日(月)
休廊日 火曜・水曜

この記事の写真

記事タグ