NMB48、10周年へ幸先の良いスタート――川上千尋

――NMB48としては10周年の目標として京セラドーム大阪でのコンサートを掲げています。1月にTDCホールで行った単独コンサートを振り返ってどうですか。

川上千尋 コンサートの始まりが、こじりん(小嶋花梨)が「10周年に向けて扉を開けたいと思います」という言う映像からだったので、「NMB48がまたここから始まるぞ!」と勢いがついたと思います。

――ステージから見た観客の反応はどう感じましたか。

川上千尋 開演が朝早かったので、スタッフさんには「もしかしたらいつもよりも盛り上がらないからもしれない」と言われていて、ドキドキしていました。

――午前10時開演でしかも東京遠征ですからね。

川上千尋 なので、スタッフさんも私達も「盛り上げないと!」と強い気持ちでいたんです。だけど、幕が開けたら予想以上に盛り上がっていて。ファンの皆さんが声を出して盛り上がって下さったおかげで私達も勢いついたし、ファンの人達も付いていくぞという気持ちになってくれたのかなって思いました。

――48グループのなかでも女性ファンが特に多い印象ですが、そのコンサートでも女性専用エリアが大きく確保されていて驚きました。

川上千尋 観客の半分くらいが女性ファンで、黄色い歓声が年々多くなっているのを感じます。拡散力も高いのでありがたいなと思います。

――さて、改めて本作への意気込みをお願いします。

川上千尋 女の子役は初めてですが(笑)、ヒカリという女の子を、私がしっかり伝えていって、皆さんをリード出来るように頑張りたいなと思います。とにかく演じ切るというのが目標です。

まちゃあき 僕の中ではこの舞台にメッセージを入れています。観終わった後には、周りの人に感謝が出来るような、自分の存在、周りにいる人の存在など人のあり方を伝えていきたい。そのために、豊かなキャスト陣が集まってくれたので、必ずそういう作品が出来るように頑張ります。

――今回原案はまちゃあきさんですがご自身の経験が反映されている?

まちゃあき ふと思ったところから始めました。僕の才能ってなんだろう、数字で出してほしい、死んだ後に答え合わせしたいなと。あの世に行ったときに「まちゃあき、残念です」とか、「君は本当はダンスじゃなかったです」という答え合わせをしたいなって。原案の始まりはそこからでちょっと広がって、今回の話になって。でも、もともとのアイデアは今の段階ではなくなっているんですけどね(笑)。

(おわり)

劇団エグスプロージョン「ANSWER」

絶望のその先で不思議な世界に辿り着いた女子高生のヒカリ。その世界の住人と過ごす事でヒカリは厳しい記憶を思い出すが、同時に大切な事も…。

▽出演
川上千尋 (NMB48)、輝山立、榊原徹士、エグスプロージョン、ケン( 水玉れっぷう隊 )、細川優、A-NON、藤井菜央、リロイ太郎( コロナクラウン )

▽日程
大阪公演会場:ABCホール
2020年2月27日(木)19:00 開演
2020年2月28日(金)19:00 開演
2020年2月29日(土)13:00 / 18:00 開演
2020年3月 1日(日)12:00 / 17:00 開演

▽東京公演会場:新宿シアターサンモール
2020年3月4日(水)19:00 開演
2020年3月5日(木)19:00 開演
2020年3月6日(金)19:00 開演
2020年3月7日(土)13:00 / 18:00 開演
2020年3月8日(日)12:00 / 17:00 開演

▽原案・演出:まちゃあき(エグスプロージョン)
▽脚本:家城啓之(マンボウやしろ)

▽席種・チケット価格
S席 6800円(税込)/A席 5500円(税込)

「ANSWER」フライヤー(表)

「ANSWER」フライヤー(裏)

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。