清春が2月9日、東京・恵比寿ザ・ガーデンホールで全国ツアー『TOUR 2020「JAPANESE MENU」』の初日を迎えた。この日は彼にとって27回目のデビュー記念日。1994年の黒夢がメジャー・デビューから満26年が経過したことにもなる。

清春(撮影=青木カズロー)

 場内が暗転し、ダンサブルなSEが鳴り響く。フロアを埋め尽くしたファンの前に清春が現れると、あちこちから祝福と歓声が乱れ飛ぶ。カリスマの第一声を心待ちにしていた観衆に放たれた1曲目は「EMILY」だった。意表を突いた幕開けに心奪われるうちに「Masquerade」「眠れる天使」と序盤からハイペースで華麗な楽曲が繰り出されてゆく。

清春(撮影=青木カズロー)

 これから各地での公演に足を運ぶ読者のためにも、あまり具体的な演奏内容には触れずにおきたいところだが、清春が華やかな叙情をテンポよくコントロールし、色とりどりに艶のある声を響かせていた点が印象深い。「今日はなんか、“間違ってる”みたいにいいね! “間違ってる”みたいにみんなの反応が早いですね!」と彼が独特の言い回しで手応えを口にするほどのパフォーマンスだったのだが、たとえば、オーディエンスを「Feeling High & Satisfied」で激しく挑発し、「ID POP」で「揺らせ! 揺らせ! 揺らせ!」と扇動した流れなど、清春ならではの非凡な切れ味を感じた。

 鮮やかな緑のガウンをまとって登場したアンコールでは、「ミザリー」の演奏を途中で止めて、もう一度曲の頭からやり直すという場面も。「服が緑すぎて、それ以外考えられなかった」と微笑む清春を見て、観客は思わず笑みをこぼす。そんな和やかなやりとりの直後、神聖な儀式のごとくオーディエンスを導く「アロン」にも心打たれた。

清春(撮影=青木カズロー)

 ダブル・アンコールでは、久々の「忘却の空」から「BEAMS」へと繋ぐ、デビュー記念日にふさわしい選曲も披露された。祝宴を締めくくる「HAPPY」を気持ちよく歌い終えた後、満足げな笑みを浮かべて、「つらい時に思い出せるようなツアーにしたいと思います」と観客に告げた清春。何度も何度も感謝の言葉を述べ、光り輝きながらステージを去ったその姿が忘れられない。

 終わってみれば、アップテンポな楽曲で構成された、祝祭の日ならではのセットリスト。近年の清春はじっくりと聴かせるタイプの楽曲を披露する傾向があっただけに、こうした躍動感へと舵を切ったことは興味深かった。この日はニュー・アルバム『JAPANESE MENU/DISTORTION 10』の楽曲が演奏される場面はなかったのだが、絶えず目に飛び込んできた鮮烈な色彩は、本作を読み解くヒントと言えるのかもしれない。

 清春は表現者として新たな段階へと入った。そう感じさせられる25周年イヤー最後の日だった。8月中旬まで続くツアーの日々、彼がニュー・アルバム『JAPANESE MENU/DISTORTION 10』を伴って、各地でどんな豊かな光景を描いていくのか、期待は膨らむばかりである。【志村つくね】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)