アカデミー賞授賞式で熱唱する松たか子ら“世界のエルサ”(Getty Images)

 松たか子が、日本時間2月10日に行われた『第92回アカデミー賞授賞式』で『アナと雪の女王2』で、歌曲賞にノミネートされている主題歌「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」をイディナ・メンゼルほか世界9カ国のエルサ役とともに熱唱した。日本人のアカデミー賞でのパフォーマンスは史上初となった。

 【動画】松たか子らパフォーマンス映像

 授賞式前のレッドカーペットで「とっても貴重な時間、不思議な奇妙な時間です、楽屋がエルサだらけでキャッキャと言ってます。みんな、『すばらしい経験よね』って喜んでて、あかるくて、気遣い合って、プリンセスをやったひとの優しさに溢れてます。なるほど、こういう人たちがやってたんだと勉強させてもらいました」と楽屋での様子を明かし「みなさんにお礼を伝えられるチャンスをいただけたので楽しみたいと思います」と意気込んだいた松。

 晴れ舞台には、英語版の声優を務め、ブロードウェイミュージカル女優として世界中にファンを持つイディナ・メンゼル。そして日本から高いパフォーマンス力が評価されUS本社直々のオファーを受けた松をはじめ、デンマーク、ドイツ、ラテンアメリカ、ノルウェイ、ポーランド、ロシア、スペイン、タイの9カ国のエルサ役キャストが立った。

 リラックスした表情だった。センターのイディナのパートから始まり、その隣に立つ松が各国のエルサ役のキャストのトップバッターとして歌唱。リレー形式で「イントゥ・ジ・アンノウン」を披露した。“不思議な歌声”をきっかけに、再び自身の“力”と向き合い、迷いを感じながらもまだ見ぬ“未知なる世界へ”と踏み出そうとするエルサの想いが綴られているこの楽曲を、松はじめ各国のエルサ役キャスト達が美しくも力強い圧巻の歌声で表現。割れんばかりの歓声と拍手が巻き起こった。

 歌唱直後に松は、「他の国のエルサやイディナたちとステージで歌うことができて、とても楽しかった」と興奮冷めやらぬ様子。さらに今回のパフォーマンスについて、「予想をはるかに超えた機会を与えてもらいました。オリジナルのエルサを演じたイディナはもちろん、各国のエルサと会えることが凄く楽しみでした。同じく皆がエルサのセリフを言い、歌を歌ってきた人たちなので、私は日本版のエルサというシンプルな気持ちで、行くしかないかなという思いでした。到着してから、レッドカーペットに行くギリギリまでサウンドチェックして、とても充実感のある数日であっという間でしたけど、とても楽しかったです」と振り返った。

 日本のファンに向けては「私が今日このステージで歌えたのは、日本でこの作品を観て愛してくれた人たちの力も非常に大きかったと思います。日本での盛り上がりが認められて、“おいで”と言ってもらえたんだと思いますので、みなさんの力にとても感謝しています。日本ではまだ公開中なので、このアカデミー賞授賞式を観て気分が高まったら、ぜひ劇場に足を運んでほしい」と伝えた。

 なお、「第92回アカデミー賞授賞式 ダイジェスト」は2月16日(日)夜8:15[字幕版]WOWOWプライムほかで放送される。また、『アナと雪の女王2 オリジナル・サウンドトラック』『アナと雪の女王2 オリジナル・サウンドトラック スーパー・デラックス版』は昨年リリースされている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)