カメラが付いた自撮り棒を差してパフォーマンスする柏木由紀

 AKB48柏木由紀によるYouTubeチャンネル「ゆきりんワールド」の最新動画「【検証】AKB48のコンサート本番中、恋チュン踊りながらステージ上でバレずに撮影できるのか?」が9日、公開された。

 チャンネル開設後3本目となる動画は、先月20日にTDCホールで開催された『AKB48 グループリクエストアワーセットリストベスト50 2020』で2日目のステージが舞台。リクアワ11位だった「恋するフォーチュンクッキー」のパフォーマンス中に、柏木がカメラを内緒で持ち込み、観客やメンバーに気づかれることなく良い映像を撮影するというミッション。

 カメラが取り付けられた自撮り棒の長さはおよそ1メートル。それを持ってのパフォーマンスはどう見ても不自然だが、戦略を立てていざステージへ。思わず「バレるか…」と本音を漏らすも、果たして気付かれることなく“撮れ高”は得られるのか。

 ミッションだけでなく、“柏木カメラ”にはステージ上でパフォーマンスするメンバーの姿や、焦り慌てふためく柏木の表情、更に2ショットも捉えた映像もあり見どころは満載だ。

 ちなみに、リクアワの取材をしていたMusicVoiceの担当記者は、その時の柏木をしっかり写真に収めている。刀の鞘のように懐に差した自撮り棒を抜いて撮影を試みる姿がたどたどしく見えたようで「自撮りは不慣れなんだろう」と思ったそうだ。

 当日気付いた観客も含め、柏木がなぜカメラを持っていたのか、なぜ不慣れと思われるような不自然な恰好で撮影に臨んでいたのか、その理由や舞台裏が知られる機会にもなりそうだ。

 なお、8日には「AKB48メンバー単独YouTubeチャンネル開設」プロジェクトで3組目となる中西智代梨がチャンネル「【AKB48!?】中西智代梨YouTubeはじめるってよ」を開設、自己紹介動画をアップした。

この記事の写真

記事タグ