3ピースバンドのスピラ・スピカが1月31日、東京・渋谷WWW Xで「スピラ・スピカ One-Man Tour 2019-2020『スピスピに出会ってくれてサンキューツアー』」の追加公演をおこなった。スピラ・スピカは、天真爛漫なキャラクターの幹葉(Vo)を中心としたピュアポップロックバンド。全公演ソールドアウトとなった本ツアーのファイナル公演では、スピラ・スピカの無垢で真っ直ぐひたむきで、がむしゃらに音楽を放つ姿がオーディエンスと共にフロアを輝かせた。【取材=平吉賢治】

ポジティブパワーみなぎる追加公演

幹葉(撮影=浜野カズシ)

 ツアー全公演ソールドアウトとなったスピラ・スピカの追加公演直前、フロアは満員のオーディエンスからの熱気がひしひしと伝わってくる空気感で満たされていた。

 会場からのクラップとコールに包まれながら満面の笑顔で幹葉(Vo)、寺西裕二(Gt)、ますだ(Ba)、そしてサポートメンバーの重永亮介(Key)と岡本啓佑(Dr)が登場。幹葉とオーディエンスが一斉に天を突き刺す人差し指が輝く光景を見せる「リライズ」からライブは走り出した。

 クールな8ビートのアンサンブルと会場の熱気が絶妙なコントラストを見せるなか、「スマイルヒーロー」では4つ打ちビートにギアチェンジ。タオルの舞いとエネルギッシュなサウンドが絡み合い、序盤からテンションは上々。ポジティブパワーみなぎる幹葉は表情豊かな歌唱力で元気いっぱいのボーカルで魅せる。寺西が奏でるメロディアスなリードフレーズで曲が締められると、幹葉は猫のぬいぐるみを持ってのキュートなパフォーマンスで「素敵な日曜日」を披露。ますだはあらゆる音域を駆け抜けるように笑顔でベースラインを刻み、キラリと光る爽やかな姿がステージ上で映えていた。

 アニメキャラが3次元に現れたようなテイストのトークで幹葉は畳み込むように語る。MCでのポップな小気味良さとトークスピードはスピラ・スピカの魅力の一つだろう。それもCDや音源では味わえないライブならではの醍醐味。ここで幹葉は公演ソールドアウトに対しての感謝の気持ちをオーディエンスへ伝え、さきほどステージを共にした猫のぬいぐるみも紹介。“命のスイッチ”(電源ON/OFF)を押すと実は喋るというこの猫もトークに参加しつつ、終始ほっこりしたMCの雰囲気で会場を和ませた。

寺西裕二(撮影=浜野カズシ)

 ライブがインディーズ時代の楽曲コーナーに突入すると寺西のレスポールサウンドが心地良く響く「新しい私になれ」、ますだのベースラインと寺西のディレイの効いたプレイが絶好に絡み合う「ココロノアリカ」と、スピラ・スピカはカラフルなバンドアプローチを惜しみなく魅せた。「ちょっと待って」では会場一体のコール&レスポンスと、オーディエンスの熱気は常にホット。ユニゾンの拍がたまらない「僕らなら」では頼もしいシンガロングが響き渡り、オーディエンスが挙げる腕は楽曲が終わるまで下がることはなかった。

 これを受け幹葉は、「こんなにたくさんの仲間がおってくれて、一緒に大合唱できて本当に本当に嬉しいです。ありがとうございます!」と、高らかに声を上げて感謝を伝えた。「出身地の徳島の畑の芋も喜んでくれていると思います」という謎気味の発言も混じえつつ、幹葉の茶目っ気たっぷりのトークは常にオーディエンスの心をしっかりと掴んでいる空気感。演奏中もMC中もみんなハッピーな笑顔であふれていた。

スピラ・スピカがいつでも“楽しい”を用意してる

ますだ(撮影=浜野カズシ)

 元気溢れるアップテンポが続き、中盤ではバラードを2曲披露。ピアノの響きに乗る幹葉の歌声はここまでと別種の表情でオーディエンスを魅了した。天真爛漫な表情と真摯なボーカルテイストの対比、これも彼女達が持つ魅力の一つだろう。次曲はガンダムソングとしても名高い「ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜」のカバーで、ノスタルジックなサウンドのなかで轟く寺西のトレモロピッキングのプレイがアンサンブルで際立ち、壮大な楽曲展開のなか幹葉はどこまでもメロディアスに歌い上げた。

 そしてMCで幹葉は「ツアーをできたのも、今日こうして追加公演を開催できているのも、ここにいるみんな一人一人が会場まで足を運んでくれたおかげです。本当に本当にありがとう」と、噛みしめるように丁寧な口調でオーディエンスへ伝え、温かい拍手に包まれた。

 さらに「8本もやらせて頂くのも、同じセットリストを8回やるというのも初めてだったけど、毎回その場所だけの特別があって凄く楽しかったし、みんなに会えて嬉しかったです」と、大盛況となったツアーを振り返った。そして徐々にトークスピードは上がり、ツアー各地で起きた“珍事件”を明かし、様々なドラマがあったツアーの裏話を紹介した。

 ライブ終盤、寺西の強烈なギターフレーズからの「じゃんけんキング」では演奏中にオーディエンスとじゃんけんバトルを展開。メンバー全員での振り付けレクチャーを経てエレクトロダンスポップ調の「ハピパピ」を披露。<LA LA LA>という大合唱とイヤスキ阿波踊りダンスが巻き起こった「イヤヨイヤヨモスキノウチ!」、怒涛の流れのなかタイトルコールで歓声が沸いた「スタートダッシュ」と、ライブの熱気はメーターマックスだ。

ライブの模様(撮影=浜野カズシ)

 本編最終曲を前に幹葉は、ライブが終わってほしくない心境を全身で表しつつ、「一緒に楽しい時間をつくってくれて本当にありがとうございます」と叫び、オーディエンスの歓喜の声に包まれる。そして、「スピラ・スピカはライブが何よりも大好きで、ライブは人生のご褒美だと思っています」と、喜びと感謝の気持ちをエモーショナルいっぱいに言葉にした。

 「ここからもっと突き進んで行こうと思います。スピラ・スピカがいつでも“楽しい”を用意してるから、みんなに何回も会いに行くから、絶対にまたライブで会いましょう。最後に大切なみんなにこの曲を」と、伝え、清涼感あふれる「星降る夜に」で本編を締めくくった。

 ほんの数秒の間をおいてオーディエンスから<待ってちょっと待って>という、スピラ・スピカの楽曲の一節でのアンコールが一斉に鳴り響いた。ツアー8公演全てこのアンコールが沸いたということに対し、幹葉は思わず「みんなが凄いわ!」と、オーディエンスに対する驚きとリスペクトの心境を口にした。

 アンコールでは3曲が披露され、そのうち「good for nothing」はオーディションの時に一緒に戦ってきたというナンバーで、インディーズ時代の曲をリアレンジしたというもの。この曲が収録される1stフルアルバム『ポップ・ステップ・ジャンプ!』が3月18日にリリースされること、さらに6月のワンマンライブ開催もアナウンス。そしてラストは「スピラ・スピカの音楽でみんなを幸せにする」という想いで作った曲という「小さな勇気」で幕を閉じた。

 “希望、青白く光る一等星”という、スピラ・スピカのバンド名の意味が具現化したようなライブ終演後、スピラ・スピカは本ツアーと本公演に対して、「みなさんに感謝の気持ちしかないです。この感謝の気持ちをまた音楽に――」と語り、輝かしい笑顔を咲かせていた。

記事タグ