ワクワク感を持った曲順

NakamuraEmi

――繋がっているといえば、アルバムの最後にインディーズ時代の「チクッ」が新録されていますが、1曲目の「BEST」に繋がっている、ループしていく感覚がありました。

 嬉しいです。曲順はすごく悩みました。「チクッ」はこのアルバムの中では一番古い曲で、新しい曲からどんどん遡っていく曲順になっています。色々並べてみたんですけど、新しさを感じてもらいながら、最後は古い曲だけど、今の自分で録り直した曲、ワクワク感を持った曲順で締められるというのがいいなって。あと、アナログレコードになることも意識して、どこでひっくり返してB面の1曲目になるのかも考えて並べました。

――その「チクッ」のアレンジはけっこう変わりましたね。

 5年前の「チクッ」はそれこそ私の部屋、二畳のスタジオで生み出された曲で、みんなが再録したものを聴きたいと言ってくれた曲なので、二畳ではなくもっとみんなが広く聴ける音楽にしようと思いました。わかりやすく広がりを持った曲に仕上げました。

――軽快なストリングスがそれを感じさせますね。この5年間の気持ちの変化とも捉えられるような。深読みしすぎかもしれませんが。

 そんなことないです。歌詞に<いつか蝶がとまるような>というフレーズがあるんですけど、もう蝶が飛んでしまっていて良いなと思いました。それでいつもストリングスアレンジをお願いしているバイオリンの美央さんが私の中にあるイメージの変換をしてくれるので、初めてこのアレンジを聴いた時に、蝶が飛んでいる感じがしました。

――再録ですが、この曲も絵は描かれました?

 いえ、この曲は描きませんでした。もう昔からある曲で、絵を描いてしまうと固まってしまう気がしました。以前のを聴いてもらいつつ、歌詞から感じてもらえるものを出していただいたという感じなんです。

――不安を抱えていた5年前の自分に一言声を掛けられるとしたら何と言いたいですか。

 5年前の自分には「大丈夫ですよ。何とかなりますよ」と言いたいです(笑)。

この記事の写真

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。