香取慎吾が1日放送の日本テレビ系『欽ちゃん&香取慎吾の第97回全日本仮装大賞』に出演。その中でSMAPの楽曲「世界に一つだけの花」がBGMで流され、香取が「久しぶりに聴いた」などと話す一幕があり、ネット上のSMAPファンは感激している。

 当該のシーンは10組目が登場したとき。着物姿の女性たちが「花唄」とのテーマで仮装に挑んだ。

 その際、BGMとして流されたのが「世界に一つだけの花」だ。曲が流れ、カメラにフォーカスされた香取は驚いたような笑みを見せた。

 仮装が終了し、萩本欽一は香取に「どんな感想、持った?」と質問。香取は「とっても良かったです」と真剣な表情で応じ、「久しぶりに聴いた、世界に一つだけの花」と述べて白い歯を見せて笑った。

 スタジオが大きく盛り上がる中、香取は「久々に聴いて、まさかここでこういうタイミングで聴くとは」と驚きを隠せない様子を見せていた。

 このシーンにネット上では大きな反響が見られる。

 ツイッターには「慎吾ちゃんのあの嬉しそうなお顔...」「慎吾ちゃんの言葉に涙…」「#仮装大賞 で泣くなんて」「#世界に一つだけの花 この一言が、慎吾ちゃんの口から 出ただけで泣きそうになる」などのコメントが続々と寄せられた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ