向井地美音。先日行われたTDCホールでのAKB48コンサートではバンドを率いてのパフォーマンスも披露した(撮影=木村武雄)

 AKB48の向井地美音が22歳の誕生日を迎えた1月29日に、自身初めて髪を染めたことを報告した。先日公開されたYouTubeチャンネルの新動画でもこのことに触れていて、動画では優等生キャラを卒業したいとの趣旨を述べるなど彼女に変化の兆しが見える。

 48グループの三代目総監督の向井地美音。「一人一人の個性を伝えるきっかけになれば」と先陣を切って村山彩希、岡田奈々、茂木忍とYouTube「ゆうなぁもぎおん」チャンネルを開設した。その最新動画『【おん衝撃】AKB48グループ総監督、ゆうなぁもぎのドS行動に優等生卒業?』では新たな一面をのぞかせている。

 22歳の誕生日を祝うため、村山、岡田、茂木が誕生日パーティをサプライズで実施。それぞれプレゼントを用意したが、村山はアボカド好きの向井地に「アボカドの化粧水、乳液、クリームのセット」などをプレゼント。向井地は「アボカドと共に生きてきたから」と大喜び。「綺麗になっちゃう、可愛くなっちゃう」と美への意欲をのぞかせた。

 一方の岡田は指輪とアクセサリーをプレゼント。アクセサリーはピアスで、耳にピアスホールを空けたことがない向井地にとっては人生初となる。「可愛い! ピアスデビュー!」と笑みを見せながら、ピアスホールを開ける際には動画で伝えるとも述べた。

 そして茂木が用意したのは、向井地が髪を染めたばかりともあって「髪が痛むかなと思って仲の良いメイクさんに教えてもらった」というヘアオイル。「実は人生で初めて髪を染めまして…どんぴしゃ!」とタイムリーなアイテムを喜んだ。そんな向井地のイメチェンを岡田は「可愛い」と褒めていた。

 その向井地は動画のなかで「優等生キャラと言われがちだけど…」と語り始めた。自身が見られる印象と普段は「違う」ようで「良い方に誤解されているので私のイメージが変わったら」と優等生キャラ卒業に意欲。動画で早速、体を張ったどっきりを仕掛けられていた。

 この動画で見せた美への意欲、人生初の髪染め、そして今後訪れるピアスデビュー、更に「ともに生きてきた」というアボカドへの愛情と、今後新たな一面が見られそうだ。

この記事の写真

記事タグ