東京都在住熊本県出身のスリーピースロックバンド・WANIMAが1月29日、25万人を動員する過去最大の全国ツアー『COMINATCHA!! TOUR 2019-2020』アリーナ編が横浜アリーナよりスタートとなった。

 昨年11月から開催されている本ツアーでは、ライブハウス出身の彼ららしく、全国のライブハウス・ホールをめぐり、今回の横浜アリーナから4月30日ポートメッセなごやまでは大型アリーナで開催される。

アリーナ編初日となった1月29日の横浜アリーナ公演では、劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』主題歌「GONG」やCMでも話題となった「夏のどこかへ」など「COMINATHCHA!!」からの楽曲に加えて、突如未発表の新曲「春を待って」が初披露され、会場が驚きと喜びの声で包み込まれた。本編ラストでは、ツアー初披露となる12人編成のストリングス・ピアノとともに「りんどう」「宝物」が飛び出すなど全23曲を披露し集まったファンを魅了した。なお、「春を待って」の発売は未定。

1月29日、WANIMAの全国ツアー「COMINATCHA!! TOUR 2019-2020~アリーナ編~」が横浜アリーナより開幕した。同ツアーは昨年10月23日に発売した2ndアルバム『COMINATCHA!!』を携え、自身過去最大となる25万人を動員予定の大規模なツアーとなるが、2019年11月5日新木場スタジオコーストからスタートした<ライブハウス&ホール編>6公演を経てのアリーナ編。2020年、WANIMAのライブ初めでもあった。

アリーナ編初日。いよいよオープニングSE「COMINATCHA!!のテーマ」が勢いよく流れだすと、派手な電飾のステージに目を奪われたが、すかさず、客席方向からもスモークが噴射され、一体どこから現れたのか!? WANIMAの3人がステージと会場中央に設置されたサブステージをつなぐ花道を駆けまわっていた。いきなり大興奮の登場シーンだった。

WANIMA(撮影=瀧本JON...行秀)

「横浜の本気を見せてくれよ!!」とドラムのFUJIがカウントすると、「COMINATCHA!! TOUR開催しまーす!!」とボーカル&ベースのKENTA。『COMINATCHA!!』の1曲目でもある「JOY」からスタートし「アゲイン」ではいきなり大合唱に。ギターのKO-SHINは大きく足を広げギターソロで魅せ、KO-SHINコールが起きる。オープニングからの2曲で一気に会場を盛り上げた。

裏打ちのリズムが軽やかで心地よい「BOUNCE」、そして「つづくもの」ではステージ背景に掲げられていた「COMINATCHA!! TOUR」の幕が落ちたかと思うと、LEDの3つの縦長の画面が現れ3人の表情を追う。「THANX」では大合唱が起き、オーディエンスもとなり同士とハイタッチ、KENTAも歌いながら会場の右から左へとくまなく見つめて歌うと、次第に会場に大きなうねりが生まれていった。

その盛り上がりはというと、前方のスタンディングエリアではクラウドサーフが起きていたほどだったが、25万人規模のツアーとはいえ、WANIMAは2、3人のお客さんからスタートしたライブハウスで育ち、いまだにライブハウスからツアーをツタートさせるバンドだ。その光景を見るにつけ「ダイバーの笑顔が飛んでくる。ライブハウスの匂いがします!! ありがとうございます!!」とKENTAは喜んでいた。

今、WANIMAのライブはスタンディングエリアでサークルモッシュやクラウドサーフを楽しむ若者たちから、小さい子どもを連れたファミリー参加組など、実に年齢層が幅広い。世代を超え、楽しみ方もさまざまな様子が印象的だった。

WANIMA(撮影=瀧本JON...行秀)

「サンセットストリップ」「渚の泡沫」では赤とブルーのネオンのような妖艶な空気にガラリと変わった。曲に入るとスクリーンもアンビエントなイメージ映像とリアルタイムでメンバーを追う映像とが重なり、クールなWANIMAという表情も随所に見せる。前回のアリーナツアーではセットに凝りすぎてマネーが残らなかったと茶化していたが、メリハリのある見せ方は、KENTAの歌とベース、KO-SHINのギターとコーラス、FUJIのドラムとコーラスのプレイがより直球で伝わってくるものだった。劇場版主題歌を担当した「ONE PIECE」からルフィによるタイトルコールで披露した「GONG」も、3人のプレイと歌が、ステージ上から前へ前へとこちらにむかってくるような勢いを感じさせる。

WANIMAのライブのアンコールでは恒例のリクエストコーナーがライブ中盤に披露されたのも見所の一つだった。この日は、WANIMAのTシャツをバズーカ砲で客席に打ち込んで、キャッチしたお客さんがTシャツももらえて曲もリクエストできる豪華企画へとバージョンアップしていたのだが、まさかのKO-SHINがお客さんのいない場所に飛ばしてしまったり、不発に終わったりとハプニングが続くなか、KENTAは思いのまま客席後方へと乗り込んでいき、ファンをピックアップする。最終的にKO-SHINはTシャツを手で投げてようやくお客さんの元へ。見事選ばれた3組がサブステージにあげられリクエスト曲の会議が行われた。その結果、「HOME」「いいから」「ともに」の3曲を披露することに。アリーナツアーはまだまだ始まったばかりだが、この先もこうしたラッキーは潜んでいるので見逃せない。「ともに」では会場中がジャンプで揺れ、モッシュが起き、スクリーンに抜かれていたファンの笑顔はパワーにあふれ、その盛り上がりにKENTAもお客さんに思わず拍手を贈るほどすさまじいものだった。

このほかにも「シャララ」からの「Like a Fire」のつなぎなど、どこを切りとっても観どころが満載。それはオリコン週間アルバムランキングで2作連続1位を記録した『COMINATCHA!!』と同じく、耳に馴染んだヒット曲揃いで、タイプの違う濃い楽曲群が1曲1曲が襲いかかってくる、まさにメンバーの思いが全編に行き渡っているということだ。

また、ニューアルバムのみならず、発売の予定もない新曲を<いち早く聴かせたい>と完全未発表の新曲「春を待って」を披露した。みんなに向けて、自分たちに向けて、今、伝えたいことを曲にする。<新曲を作って届けること>これがWANIMAのベースである。「この曲ができて、苦しい人に届けばいいなと思った。自分自身がめくれた曲だ」と披露した。何ごとにも変化は起きる、そのなかで、いつでもそばにいるかけがえのない存在 KENTAの歌にKO-SHINとFUJIの歌が重なる。コーラスワークも際立っていた。

WANIMA(撮影=瀧本JON...行秀)

そして、「僕の遠くに行ったおばあちゃんに向けて歌った曲です」と「Mom」を披露。最初のベースとギターのフレーズから胸を掴まれる。KENTAの想いが全力で歌となる。歌い終え「向き合うのに時間がかかったけど、これからも生きていこうと思いました」とKENTA。この曲もまた「春を待って」と同じく、KENTAにとって自分自身をめくるために作られたのだろう。「夏のどこかへ」の入り方もよかった。CMでもおなじみの弾けるような夏の1曲だが、その一番お茶の間に浸透しているフレーズがギターと歌だけのミドルテンポでくると歌詞の表情を変え、少し切ない。いつものバージョンへと一気にテンションを上げていくと、それはやはり弾けるような夏の1曲になっていた。「春を待って」「Mom」「夏のどこかへ」の3曲もそうだが、一面的なだけではない、生きるための全て感情<喜怒哀楽>を感じ切った上で曲が生まれているようにも思えた。

本編ラスト「りんどう」「宝物」。WANIMAの3人と12名のピアノ+ストリングス隊の大編成でのライブ披露は初めてだが、そのストリングスアレンジは、3人のバンドサウンドを引き立てる形で、「りんどう」のミュージックビデオの風景にもでてくる壮大な草原、風を感じさせ、<弱いままで強くなれ>というメッセージが響いていた。そして「宝物」ではアルバム『COMINATCHA!!』で聴いた「宝物」とは全く違う表情を見せる。よくライブで曲が完成するというが、WANIMAの宝物はファンと作るライブの空間。まさに目の前にいるあなたたちだという思いがダイレクトに伝わっていく。キラキラと舞う紙吹雪がファンの笑顔とともに会場を明るくした。

アンコール、ラストで『COMINATCHA!!』を締める曲でもある「GET DOWN」を披露。最後の最後にこの曲で再会を誓ったWANIMA。この日、最初のMCでKO-SHINが「2020年、WANIMAとしていろいろと企みがあるので...今年もよろしくお願いします!!」と語っていたが、きっとWANIMAはまだ観たことのない景色を見せてくれるのだろう。それまで、どんな別れも困難があっても、それぞれ弱いままで強く、生きて再会をしようと誓う。いつもあなたの隣にいる、安心していい空間があることが、その体いっぱいでファンに向かう3人の姿が伝えていた。【text by古城久美子】

この記事の写真

記事タグ