世界を舞台に活躍する“サムライギタリスト”MIYAVIが、ハワイ公演で8度目のワールドツアーを終えた翌日の30日、今年5月から6月にかけて全国5都市でジャパンツアー行うほか、LDH移籍後、初のアルバムを2枚リリースすることを発表した。

MIYAVI

 昨年、3年ぶりのオリジナルアルバム『NO SLEEP TILL TOKYO』を全世界で発売。発売日にはドジャースタジアムで行われた大リーグ始球式での国歌演奏で観客を魅了し、日本、アメリカにて大きな話題となったMIYAVI。俳優としても国外では、アンジェリーナ・ジョリー、サム・テイラーと共にジャパンプレミアにも登場した「マレフィセント2」、Netflixの映画「Kate(原題)」に出演し、国内でも映画「BLEACH」「ギャングース」に出演。モデルとして、ファッションイベントへの参加、Yohji Yamamoto, Y-3、最近では、Moncler BEYOND ワールドワイドキャンペーンに抜擢されるなど、多方面でも注目を集めている。昨年7月からアメリカを皮切りに始まった8度目のワールドツアーは、ヨーロッパ、アジア、日本と開催し、追加公演となったメキシコ、ブラジルを経て、現地時間1月29日におこなわれたハワイ公演で大盛況にて幕を閉じた。

 今回発表されたLDH移籍後のアルバム2枚は、東京2020オリンピック前と後にリリースする予定。第一弾アルバムの詳細は2月14日に公開される。

MIYAVI


 
 MIYAVIは「もう気づけば8度目のワールドツアーになります。毎回、日本人として、誇りを持って世界中のオーディエンスと対峙し、音にのせてメッセージを届けるべく、旅をしています。今回も、日本を含め世界中のファンの皆からパワーをもらいました。2020年、2枚の作品を出します! 最新アルバム『NO SLEEP TILL TOKYO』の流れと勢いをキープしたまま制作に取り掛かりました。毎回、作品を出した後、またすぐ作りたい!と思うんですが、いざ制作がはじまると産みの苦しみを味わいます(笑)。世界中のお母さん、リスペクトです。今回もツアーや俳優業、ファッション、他の活動と並行しての作業ですが、ロサンゼルスと東京の制作チームががんばって推し進めてくれています。やっと前半戦を終え、これから後半戦に突入します。個人的にも思い入れの強い楽曲ばかりです。たくさんの人の心に届きますように。がんばります。2020年、共に、駆け抜けましょう!!!!」とコメントしている。
 
 全国5都市で開催されるジャパンツアーは、5月8日の大阪を皮切りに、札幌、名古屋、福岡を経て、ファイナルは6月11日に東京でおこなう。ツアー詳細は後日発表となる。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ