ビリー・アイリッシュが1月27日(日本時間)に米ロサンゼルスで開催された「第62回グラミー賞」で史上最年少で主要4部門受賞を含む5冠の快挙を達成した。年間最優秀楽曲賞、最優秀新人賞、年間最優秀アルバム賞、年間最優秀レコード賞、の主要4部門をはじめ、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバムを獲得。

 ビリー・アイリッシュの史上最年少(18歳)主要4部門独占は、第23回(1981年)のクリストファー・クロス以降39年ぶりの史上2度目、という快挙。また、女性としては初、かつ史上最年少の主要4部門独占となっている。

 「年間最優秀レコード賞」「年間最優秀アルバム賞」「最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム」を獲得した、ビリー・アイリッシュのデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』は全世界17カ国で1位を獲得しており、「年間最優秀楽曲賞」を獲得した「bad guy」は全米1位を獲得、2000年以降に生まれたアーティストとして史上初の偉業を達成していた。

『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』

 パフォーマンスでは兄のフィニアスと「when the party’s over」を披露。受賞スピーチでは兄弟で登壇し、「本当にありがとうございます。私にとってこれは初めてのグラミー賞です。こんな事が私の人生の中で起きるなんて想像してませんでした。子供の頃からグラミー賞を見てきていました。いつもジョークばっかり言ってるしこういった類のことを真剣に捉えた事がないけど、本当に光栄に思ってるし、感謝しかできません、ここにいられて幸せです。」そして兄・フィニアスは、「僕たちはベッドルームで曲を作っています。今もなお作っていてそれが許されているんだけど、ベッドルームで曲を作っている子供達、あなたも夢が叶いますよ。」と続けた。

ビリー・アイリッシュの受賞は以下の通り:

年間最優秀レコード: 「バッド・ガイ」/ Record Of The Year: 「bad guy」
年間最優秀アルバム: 『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』 / Album Of The Year: 『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』
年間最優秀楽曲: 「バッド・ガイ」 / Song Of The Year: 「bad guy」
最優秀新人賞 / Best New Artist
最優秀ポップ・アルバム: 『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』 / Best Pop Vocal Album: 『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』

ビリー・アイリッシュは今年9月2日に横浜アリーナでの来日、単独公演が決まっている。

■ビリー・アイリッシュ プロフィール

2001年12月18日生まれの18歳、米国ロサンゼルスのシンガー・ソングライター。
2019年3月29日に発売したデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』は英米を含め全世界17ヵ国で1位を獲得。同アルバムは、現在まで世界中で250億回以上ストリームされており、2019年に最も売れたデビュー・アルバム、北米では過去10年間で最大のデビュー作品(男性、女性、またはグループ)となり、12月に発表された米ビルボード・アルバム・チャート(Billboard 200)の年間アルバム・チャートでは史上最年少で1位に輝いた。彼女の代表曲「bad guy」は、全米シングル・チャート(Billboard Hot 100)1位を獲得し、2000年以降に生まれたアーティストとして史上初の偉業を達成。同楽曲のストリーミング数は全世界で35億回以上を記録している。「第62回グラミー賞」で、グラミー賞史上最年少17歳で、年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲、最優秀新人賞の主要4部門にノミネート。さらに、最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバムにもノミネートされ、計6部門を席巻している、実力、話題ともに、今世界で一番注目されている若手アーティスト。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)