シンガーソングライターの山本彩が24日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演。NMB48卒業後、ソロ歌手として初となる「Mステ」のステージに立ち、ネット上で大きな反響が見られる。

 【写真】反響がある山本彩の幼少期から制服姿の秘蔵ショット

 2018年にNMB48を卒業し、ソロ歌手として新たにスタートを切った山本。Mステ出演が決まって以降、自身のSNSでソロとしてMステに出演する心境や、緊張する様子をコメントしていた。

 山本が歌唱したのは、自身が作詞作曲したソロ歌手としてのデビュー曲「イチリンソウ」。ステージに立った山本は、「一人になっても自分の足でしっかり歩いていけるように、決意と覚悟を歌った曲です」と楽曲について紹介した。

 柔らかい低音から伸びていく高音。滑らかに歌い上げる山本は、サビで力強い歌声を響かせる。歌唱を終えると深々とお辞儀し、久しぶりのステージ、ソロ歌手としての初の舞台でやり切った様子を見せた。

 この山本のMステ出演はネット上のファンを歓喜させ、「#山本彩Mステ」のワードがツイッターのトレンド入りしている。

 ファンからは「かっこいい...さすがさや姉」「やっぱり歌声、1番好き」「見事なイチリンソウやったな」「アイドルの時より今の方が さや姉らしくて好き」「シンガーソングライターとしての山本彩は推せる」などと称賛のコメントが続々と挙がった。

 また、「山本彩さんこんな歌うまかったんや しかも自分で作られてるんや」「Mステ見たら山本彩って人すっごい可愛くてびっくりした…え、声も好き、可愛い」と初見ながら魅了されたとする声も見られている。

 山本は2018年11月にNMB48を卒業し、ソロ歌手としての活動をスタート。これまでにシングルとアルバムをそれぞれ3枚リリース。今年はホールツアーを予定している。 

記事タグ