ロックミュージシャンの佐野元春が24日放送のフジテレビ系『ダウンタウンなう』に出演。自身の名前に「飽きてき」たといい、新たな名前案を「隼ジェット」と告げ、ダウンタウンらを爆笑させた。

 この日の放送にゲスト出演した佐野。番組は3年前から出演オファーしていたといい、坂上忍は「今までて一番うれしい」と佐野の出演を大喜び。番組では謎に包まれている佐野の素顔に迫った。

 その中で、「最近自分の名前に飽きたらしい」との切り口が用意され、所属事務所のスタッフの証言として、「名前を変えたい」と言い出していることが明かされた。

 「佐野元春」が本名だという佐野。「はっきり言ってね、40年も佐野元春でやってると、自分の名前に飽きてきます」と口を真一文字に引き結んだ。

 これにダウンタウンの松本人志は「芸名ならわかりますよ」としたが、佐野は「本名にしても芸名にしても、長くそれをやっていると、いつの時点でか気分を新しくしたい」との感覚をもっているようだ。

 松本は「例えばどんな名前?」と切り込むと、「絶対、笑われると思う」と笑顔を見せる佐野。松本や夏菜が「笑わないです」と促すと、佐野は「隼ジェット」と新たな名前の案を挙げた。

 この斬新な名前に松本や浜田雅功、坂上、夏菜は大爆笑。松本は日本テレビ系で毎年末に放送される「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の有名フレーズ「全員アウト」を持ち出して堪えきれない様子を見せ、「笑かしにかかってますやん」とツッコミを入れた。

 ところが、佐野は本気の様子。「次の新しいアルバム、『隼ジェット&THE COYOTE BAND』にしたらカッコいいかな」との考えをもっていたようだが、「周囲から猛反対が…」と苦笑い。浜田からは「それはもう、あきらめましょう」と諭されていた。

 この突拍子もない新たな名前案はネット上でも大きな反響が見られ、「隼ジェット」がトレンド入り。

 ツイッターなどには「佐野元春改め隼ジェット、めっちゃ笑った」「俺は好きです」「佐野元春→隼ジェット 何故?面白すぎるっ! 」「隼ジェットで全員アウトw」「由来を知りたい、何処から来たその名前w」「もう、今年1年は『隼ジェット』でいいのでは(笑)」などのコメントが挙がっている。

記事タグ