Da-iCEのボーカル花村想太が新たに始動するバンドプロジェクトNatural Lagが22日、ミニアルバム『ナチュラルストーリー』をリリース。構想に約2年を経て始動したバンドNatural Lagは、花村想太(Vo)、福田智樹(Gt)、アベノブユキ(Ba)、Louis(Dr)の4人編成。本作は全曲、作詞作曲を花村想太が手がける。プロデュースには松岡モトキ、磯貝サイモン、村山☆潤、そして今作で初プロデュースワークの井上竜馬(SHEʼS)が参加。バンドプロジェクト始動の経緯やコンセプト、そして今作について聞くとともに音楽に対する想いを花村に語ってもらった。【取材=平吉賢治/撮影=村上順一】

人と一緒に生きていれば必ずLagが生まれる

花村想太

――Natural Lag始動までの構想はあったのですか。

 やりたいと思ったのがだいたい2年くらい前で、具体的に話が進むまで1年くらい宙ぶらりんだったんです。僕自身も覚悟が決まっていなかったので、そこまでの時間が結構かかったかなと思います。グッと動き出したのはここ1年くらいです。

――どういったきっかけでバンドをやろうと思ったのでしょうか。

 最初、単純にバンドのライブを観に行って格好良いと思ったのがきっかけでした。自分の言葉で自分なりの音楽で表現されていたので、自分もやってみたいという思いで「バンドを組みたい」とスタッフさんに言い出したという感じです。

――どんなバンドを観たのでしょう。

 ONE OK ROCKさんとかUVERworldさん、ヤバイTシャツ屋さんなどです。自分はR&Bなどが出身なので、今は真逆のことを始めている気がして楽しいです。

――Natural Lagのコンセプトは?

 バンド名がNatural Lagで、これは人と一緒に生きていれば必ずLag(ズレ、遅れ)が生まれると思うので、それを音楽にできたらというコンセプトです。J-POPを主軸に置いて、そのなかでロック感を出していけたらなと思っています。

――メンバーはどのように集まって、メンバー内の雰囲気はどのような感じでしょうか。

 スタッフさんと一緒に色々と相談をして、「この人に任せたいな」と思った人にお願いしました。雰囲気はめちゃめちゃいい感じです! 話していても落ち着きますし、今まで色んな方々のサポートをされていた方々なので、僕がしてほしいことは全部してくれるし、それ以上のことで返してくれるのでありがたいです。自分の素に近い感じでいられるんです。

この記事の写真

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。