吉田朱里

 NMB48が19日、TOKYO DOME CITY HALLでソロコンサート『NMB48 選抜メンバーコンサート ~10年目もライブ史上主義~』を開催した。

【もっと写真を見る】女性ファンも悩殺する吉田朱里の“ランジェリー”パフォーマンス(3枚)

 朝10時に開演の午前コンサート。選抜としてステージに立ったのは、泉綾乃、梅山恋和、加藤夕夏、川上千尋、小嶋花梨、塩月希依音、渋谷凪咲、上西怜、白間美瑠、堀ノ内百香、南羽諒、村瀬紗英、安田桃寧、山本彩加、横野すみれ、吉田朱里の16人。

 まず映像が流れ「10年目の扉を開きます」とのメッセージが伝えられるとロックサウンドが鳴り響き、ステージには16人の姿。「夢は逃げない」で幕を開けた。その後も「夢は逃げない」「しがみついた青春」などを届け、盛り上げる。MCでは今年目標として掲げている京セラドーム大阪の公演に向け「スタートダッシュを決めたい」とこの日にかける思いを明かした。

 中盤には、吉田朱里が「自身最高の露出度」というセクシーな姿で「僕は愛されてはいない」を披露。コートを着た吉田は2階ステージをゆっくり歩き、階段伝いに降りるとコートを脱いだ。さらに腰に回していたベルトも取り、ソファに腰かけると照明が落とされる。そこにはシャツを脱ぐ吉田のシルエット。女性ファンを中心に大歓声があがるなか、明かりが戻された先にランジェリー姿の吉田。再び歓声が上がった。

 その後のMCでは、吉田のステージをモニター越しでメンバーが見入っていたことが明かされた。吉田は「『ジッパー』あたりからソロ曲をやるたびに脱がされるようになって、今日は最高の露出度です」と笑みを見せた。また、「○○な自分」にかけて自身の特徴を紹介。吉田は「露出狂」と当てはめると、メンバーから「脱いじゃないよ!」と言われ照れ笑いを浮かべていた。

 コンサートはその後、事前にツイッターで行われた、衣装総選挙の結果が発表され、ファッションショーのごとく順位ごとの衣装を着たメンバーが一人一人、“ランウェイ”。16位から9位まで、8位から1位まで発表され、それぞれ二手に分かれてパフォーマンスした。ちなみに1位は「HA!」の衣装。白間がその衣装で登場した。

 「甘噛み姫」からの後半戦はダンスナンバーを中心にクールなNMB48を見せていく。そしてラストは白間が「もっと盛り上がれますか!」と煽って「恋愛至上主義」。大盛り上がりのなか本編を終えた。

 アンコールで吉田は「たくましいメンバーと10年目を迎えることに感謝しています。どのチームよりもライブへの思いが強いことを示すことができたと思います。4月には私がプロデュースさせていただくフェスがあるのでこの空気を持っていきたい」と意気込みを語った。

 大盛り上がりの午前ライブで、NMB48は10年目へスタートダッシュを切った。

セットリスト

NMB48 選抜コンサート

2020年1月19日(日)
TOKYO DOME CITY HALL

00.overture
01.夢は逃げない
02.しがみついた青春
03.サササ サイコー!
04.ワロタピーポー
05.僕は愛されてはいない
06.僕以外の誰か
07.僕らのレガッタ
08.僕はいない
09.僕が負けた夏
10.僕だけのSecrettime
11.僕らのユリイカ
12.僕だって泣いちゃうよ
13.NMB48 衣装総選挙 16位ー9位
14.三日月の背中
15.NMB48 衣装総選挙 8位ー1位
16.Which one
17.甘噛み姫
18.カモネギックス
19.欲望者
20.高嶺の林檎
21.初恋至上主義
アンコール
EC1/22.NMB参上
EC2/23.ナギイチ
EC3/24.北川謙二
EC4/25.ドリアン少年
EC5/26.青春のラップタイム

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)