村重杏奈

 HKT48が18日、TOKYO DOME CITY HALLで『HKT48 選抜メンバーコンサート ~NEWYEAR も、“しょうもないこと”本気でやろうぜ!ヨロシクどうぞ!~』を開催した。同所でのソロコンサートは2018年12月15日以来約1年ぶり。指原莉乃卒業後の不安を払拭するべく第二章の幕開けとして村重杏奈が新センターを飾るも数時間でその役目も終わり、田中美久が新センターに付いて第三章をスタートさせた。

 HKT48をけん引してきた指原莉乃が卒業。2020年はその不安を払拭するべく第二章を幕開け。松岡はな、田中美久を差し置き選抜16人の頂点に立ったのは村重杏奈だった。驚きと歓喜の歓声が入り乱れるなか村重新センターのもと「しぇからしか!」ならぬ「シゲらしか!」を披露。アグレッシブに届けると「メロンジュース」、「ぶっ倒れるまで」、「キスは待つしかないのでしょうか?」と畳みかけた。

 村重は改めて「元気ですか!」と呼びかけると「センターだからふざけられない。ぶっちゃけ皆が帰ったらどうしようかと思った」とセンターに立つことに不安があったことを明かした。

 その後は寸劇を挟んでユニットコーナー。各曲に「ROLAND」やリーチマイケル選手、DJ KOOなどに扮した村重が登場。更にソロでは板野友美の「Dear J」ならぬ「Dear シゲ」として披露。まさに「村重劇場」のような様相だった。

 自身も「卒業コンサートじゃないよね?」と村重一色に染まった今回のコンサートに疑心暗鬼。「私がセンターを務めるというセットリストを聞いた時はスタッフさんが頭がおかしくなったんじゃないかと思った。今日まで不安だった」と吐露。更に「村重のことが好きな人は別だけど、嫌いな人は地獄の演出。でもメンバーが協力的で村重の心を盛り立ててくれた」と謝意。

 更に、この日観覧していたという指原莉乃へ「さしさんがいなかったらここに立っていなかった」と感謝、目には涙が溢れていた。

 感動に浸る村重だがその夢も打ち砕かれる。スクリーンに流れた映像では、第二章によって不安は払しょくされ、村重の役割は終えた。今後更なる成長を目指すために第三章が新たに幕を開けるという趣旨を告げた。村重は「はやい!」と憤り。新たな選抜の名前が16位からコールされるもその16位に村重。不満たらたらの村重をよそに、新センターとして田中美久の名前が告げられ、第三章による新体制のもとで改めて正規の「しぇらしか!」を披露。さらに、「早送りカレンダー」などが届けれ、勢いよく駆け抜けた。

 改めて田中は「HKTメンバーは家族の様な存在。2020年はより一層団結して信念を持ち、私たちがHKT48の新時代を築きたい」と宣言。そしてラストは「意志」で締めくくり、アンコールの最後は「最高かよ」。笑いあり、涙あり、楽しさありのHKT48。新年早々、ファンの心を熱くさせていた。

この記事の写真

記事タグ