記憶屋 あなたを忘れない(C)2020「記憶屋」製作委員会

 山田涼介が主演を務める映画『記憶屋 あなたを忘れない』(17日公開)の特別映像が解禁された。

 映画は、織守きょうや氏『記憶屋』を原作に、平川雄一朗氏が脚本、監督を務めた作品。「忘れたい記憶」と「忘れたくない記憶」、人の「記憶」を巡る物語。恋人の記憶を取り戻すため記憶屋探しに奔走する大学生・遼一を「Hey! Say! JUMP」の山田涼介、遼一の幼馴染・真希を芳根京子、遼一の記憶だけを失ってしまった恋人・杏子を蓮佛美沙子、遼一と共に記憶屋探しをする弁護士・高原を佐々木蔵之介が演じ、監督は『ツナグ』、「天皇の料理番」、「義母と娘のブルース」の平川雄一朗が務める。

 公開された映像には、遼一を演じた山田涼介を始めとした、超豪華なキャスト陣と、彼らが織りなす、“記憶”と“絆”をテーマにした感動の物語が映し出される。

 注目は本作の主題歌に決定した、中島みゆきの「時代」。「時代」が映画の主題歌に抜擢されたのはこれが初めて。恋人・杏子の自分の記憶を取り戻そうと、“記憶屋”探しに奮闘する遼一は、様々な出会いの中で人の“絆”や“想い”に気づいてゆく。そんな遼一の心の旅路と、“時代”のメッセージがピタリと一致する、見るもの全てを深い感動へと誘う至極の映像となっている。

 遼一を演じた山田は、「時代が本作の主題歌に決まったと聞いた時、なんてこの映画にピッタリな楽曲なんだろうと思いました。内容にリンクしているところが多くて、この映画にある温かさや切なさがより引き立てられたと思います」と作品と主題歌の親和性の高さを語りながら、「この作品が、中島さんの名曲と共に時を越えて語りつがれていけば嬉しいなと思います」と本作が時代を超えて愛される作品になって欲しいことを願った。

 そして遼一と一緒に記憶屋を探すことになる、弁護士・高原にも注目。素朴で真っすぐな大学生の遼一と、弁護士という肩書に似合わず、ちょっと軽いところがある高原の凸凹バディは、どこかユーモラスで作品に温かみを与える。愛する恋人から、自分の記憶だけを忘れ去られるという悲しい状況にある遼一を、明るく勇気づける高原の存在は、まるで実の父のよう。そんな高原にはある秘密があった。それは彼が不治の病に侵されているということ。「僕が死んだとき、娘に悲しい想いをさせたくないんだ…」と映像の中で静かに語る高原の言葉の裏には、余命わずかな父の切なる願いが隠されているのだ。更に、遼一と幼なじみの真希の物語も気になるところ。真希は幼少期の記憶を一部失った女子大生。記憶屋探しに没頭する遼一を気遣いながらも、恋人の記憶を取り戻そうとする遼一にブレーキをかけようとする。その理由は明らかにされないが、映像の中でみせる真希の涙に答えが隠されているのかもしれない…。

 主演の山田涼介をはじめとする、日本映画界に欠かせない唯一無二のキャスト陣。そして人間ドラマを描き続けてきた最高のスタッフで贈る本作。“記憶”と“絆”という、普遍のテーマが世代間の垣根を超えて共感と感動を呼ぶことは間違いない。この冬、すべての人の記憶に残る感動の物語が誕生する。

記事タグ