舞台挨拶に出席した大島優子、中山美穂、木村多江、高橋優斗、長野博、上地雄輔、深川栄洋監督

 中山美穂が10日、都内で行われた、主演ドラマ『WOWOW「連続ドラマW 彼らを見ればわかること」』(1月11日スタート、全8話)完成披露試写会&舞台挨拶に出席した。この日は木村多江、大島優子、高橋優斗、上地雄輔、長野博、深川栄洋監督も登壇した。

 【もっと写真を見る】高橋のトークに笑顔を見せる中山美穂(3枚)

 同じマンションに住む3世帯の家族を通して現代社会の家族像を描き、家族観、夫婦観、結婚観を問う物語。小説家の沢木まひろ氏が脚本を手掛け、深川栄洋監督が映像化する。

 主演を務める中山は、再婚相手との家庭の妻、ひとり息子の母でありながら、レディコミ漫画家としての顔も持つ内田百々子を演じる。「とても刺激的な役でした。共演の皆さまや、特に女性3組(木村多江、大島優子)は昔から友達だった気分。素晴らしい作品になりました」と挨拶。

 役柄については「他のキャストの中では一番変わっている女性。きちんと演じようとするよりかは、一風変わったようい見られたらいいなと思った。家族の在り方も偽善的だったりするので、それが滑稽に見えたらいい」とし、「主演をさせて頂いていますが、誰もが主役です」とした。

高橋優斗の“父”生瀬のエピソードに笑う大島優子、中山美穂、木村多江

 同じマンションに引っ越してくる百々子の元夫・鴨居葉介を演じる長野博は中山の印象を「漫画家の役で個性のあるイメージがあって衣装も色使いが様々あって。でも何を着ても似合う。全員でも2人のシーンでも凛としていて、素敵」と語ると、中山は「困ります…」と照れた。

 一方、内田家の長男・内田柊司を演じた高橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)は母役の中山を「中山さんとの2人のシーンは本当のお母さんのように仲良くして下さって」としつつも、父・櫂斗を演じた生瀬勝久については「本当に厄介で」と本音がポロリ。「お前は芸歴何年だ、もっと尊敬しろ。必殺若手潰し!」とちょっかいを出してきたことを明かすと会場は笑いに包まれた。

 また、監督は「脚本の個性としてずっと女性の人がしゃべっているようだった。女の人はこういうことを考えてしゃべって女子トークしているんだと感じた。女性が主役のドラマ。その個性をどう生かそうか。カメラで盗み見ていくような、のぞき穴から見ていくカメラが提示できたら3組の関係を邪魔することなく見続けることができるのではないか。覗き見る感じで見ると病みつきになると思います」と語った。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)