乃木坂46の大園桃子、山下美月、渡辺みり愛、向井葉月が9日、東京・乃木神社で成人式に臨み、艶やかな振袖姿を披露した。

 【もっと写真を見る】振袖姿を披露した大園桃子、山下美月、渡辺みり愛、向井葉月(8枚)

 陽が差し込む境内の石畳をゆっくりとした足取りで歩き、本殿へと入った。祈祷を終え破魔矢と絵馬をもって再び報道陣の前に訪れ、凛々しい表情でフォトセッションに臨んだ。

 既に地元で成人式に臨んでいた大園は「乃木神社でやると乃木坂46のメンバーなんだと実感しました」、山下は「加入したときからの憧れだったので嬉しい」、渡辺は「感慨深くてウルウルとしました」、向井も「入る前からの夢だった。嬉しい」と喜んだ。

 絵馬に「幸せに気づけるように」と書いた大園は「物事をネガティブに考えがちなので」、「笑顔で過ごせますように」とした山下は「加入して笑顔で過ごす時間が増えた。ライブでも。可愛くいられるように」と語った。

 また、「家族を安心させる」と書いた渡辺は「アイドルに合格できましたと安心できる世の中ではない。20年生きてきたなかで安心させられる、安定した女性になりたい」、「乃木坂の塊になりたい」とした向井は「メンバーが凄く大好き。尊敬する、憧れのメンバーもいるので」と絵馬に込めた思いを明かした。

 20歳を実感したことを聞かれ、向井はホットヨガで親の同意が必要なくなったことを挙げ、渡辺はお年玉がもらえなくなったこと、山下はクレジットカードを作り、大園は酒を飲んだことをそれぞれ挙げた。

 20歳の目標を聞かれ大園は「家庭的な女性になりたい」、山下は「人に心を開く、自分の素直な気持ちを言えないところがある。自分の意見や意思を伝えられるようになりたい」、渡辺は「社交的になりたい。内向的でインドアなので、外に出ていろんな方と話したら仕事の幅も広がると思う」、向井は「自分に自信がないので持てるようになりたい」と掲げた。

 乃木坂46成人式では毎年その世代の特徴を「○○世代」を表している。今年を山下は「おめでたい世代」。その理由を「2020年、令和になって初めての成人式、オリンピックもあって、沢山のおめでたいことが集まった、おめでたいメンバーなので」と笑顔で語っていた。

 また、この日は卒業を発表した白石麻衣について質問が及んだ。それぞれ感謝を語る中で大園と向井はこらえきれず涙を流していた。

記事タグ