新成人にエールを送る山田涼介(撮影=木村武雄)

 山田涼介、芳根京子、ブラザートムが7日、都内で行われた、映画『記憶屋 あなたを忘れない』(1月17日公開)サプライズ成人式イベントに登壇。新成人にアドバイスを送った。

 映画は、織守きょうや氏『記憶屋』を原作に、平川雄一朗氏が脚本、監督を務めた作品。「忘れたい記憶」と「忘れたくない記憶」、人の「記憶」を巡る物語で、主人公の遼一役を山田涼介(Hey!Say!JUMP)、遼一の幼馴染・真希役を芳根京子が務めた。

 この日は、記憶をテーマにした本作に因み、地方出身で東京在中の新成人が招かれた。

 劇中では、遼一の恋人ながらもその期間の記憶を失ってしまった杏子(蓮佛美沙子)が働く喫茶店の店長役を務めたブラザートムが登壇。開口一番「大した役でもない私が出てきて申し訳ない。本当なら山田と芳根が出るはずだけど、彼らがこの作品に対して大して思い入れがないということで…」とトムならではの冗談で笑いを誘った。

 トムが「20歳になることが大事ではない。自分達が面白くなっていくこと、あなたたちが信じることをやっていってください」とアドバイスが送ると、山田と芳根がサプライズ登場。山田はトムに向かい「思い入れがあるから来ました!」、芳根も「(思い入れが)強くあります!」と笑顔を見せた。

 その後、お笑い芸人を目指しているという男性が両親に宛てた感謝の想いを綴った手紙を読んだ。『お笑いスター誕生!!』への出演がきかっけで芸能界入りしたトムは、お笑いに反対していた親が、音楽では「やっとお前の居場所が出来たね」と言われたといい「好きなことばかりやっていれば、いずれチャンスがくる」とエールを送った。

 一方、「いずれ共演できる日が来るかもしれない」と男性の夢を後押しした山田はジャニーズ事務所入りのきっかけを作った親、姉に感謝しているといい、「最初は(勝手に応募されて)嫌だったけど、今となっては家族に感謝。天職だと思っています」と語った。

イベントに出席した山田涼介(撮影=木村武雄)

 この日は、新成人からの悩み相談にも応えた。

 大人としての行動、自立することに不安を抱えている女性に、山田は「人と人との支え合いで生きているので、一人で無理して自立しようと思うよりかは、周りとの関係を深めていって…。必要な人を見定めることも大切。今まで以上に深い関係になっていく人も増えていくので、その人との関わり方を大事にした方がいい」と自身も実践しているというその考えを提示。

 更に、記憶に残るようなプレゼントを両親に贈りたいとする女性には「高価なものではなく記憶に残るものが良いと思う。成人式は1回しかないし、晴れの日の前の日に着物を着てメイクして写真を送ってあげるとか、最初に見せてあげるとか、親御さんは嬉しいと思う。20年大切に育ててきた娘さんですから、それが何よりもプレゼント。それか手紙とかも」とアドバイスを送った。

 また、記憶力に不安があるという女性には対しては、まず台本は基本、自宅では開かず移動中に読むほうが「集中できる」と明かした上で、「僕らの仕事は特殊で、本番があるのでやらなくちゃならない状況にあって。僕たちは自分を追い詰める作業に長けている人材だと思う。アドバイスになるか分からないけど、やらなきゃいけない状況を自分で作りだすのも手だと思う」と回答した。

 ただ、芳根が「毎日が暗記テストみたい」と明かすと、山田も「苦しい人生よ~」と本音がポロリ。「窮地に立たされると大概の事は出来る。そこまで追い詰めることはしなくて良いと思うけど、一つの案として…」と一案を授けた。

 改めて山田は本作について「記憶の一ページに残ればいいなと思って作りました。人に対する考えや愛のカタチなど大切な人への思い、愛を見つめ直せるきかっけになれば」と述べた。なお、この日は芳根、トムも新成人の悩みに応えていた。【木村武雄】

イベントに出席した、芳根京子、山田涼介、ブラザートム(撮影=木村武雄)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)