イベントに出席した堂本光一。真冬の晴天下、風を浴びる(撮影=木村武雄)

 堂本光一が6日、都内で行われた、映画『フォードvsフェラーリ』(1月10日・日本公開)公開直前記念イベントに出席した。

 【写真】フォード車に乗って登場した堂本光一

 1966年のル・マン24時間レースを舞台に、絶対王者フェラーリに立ち向かった男たちの奮闘を描いた実話。マット・デイモンと、クリスチャン・ベイル、アカデミー俳優の2人が今回初共演で主演を務める。

 本作を全面的に応援するアンバサダーに就任した堂本は、映画のアンバサダーを引き受けること自体が初めて。ただ「フェラーリのファンなので…」といい、当初は就任に「不安もあった」という。ただ、作品を観てその不安も消え「素晴らしい映画。「忠実にしっかりと描いていて、フェラーリ好きからしても楽しめる。車好きじゃない人も心から楽しめる。男女問わず、年齢問わず楽しめる」と太鼓判を押した。

 本作では、デイモンが演じるカー・デザイナーとベイルが演じるカー・レーサーの友情も描かれている。「立場の違いはあるけど、その友情が素敵に描かれている。思いっきりケンカして、取っ組み合いケンカもしていてもそこに愛情がある。そこがいいなと思いました。すごく素敵」。

 一方、堂本剛とはKinKi Kids結成以降「1回もケンカしたことがない」といい、「昔からそうで、たぶんお互いに『このやろう』とは思っているところもあるかもしれないけど、『それはそれ』と認めている」と明かすと、MCから「今年はそれが目標?」と聞かれ「それもそれで良いかも」と笑みを浮かべた。

 更に、「今の時代に忘れてしまっている情熱、お互いを思いやる気持ちが映画で描かれている。希薄になっている『人間ってこうだよね』というところや、男のバカさ加減というか、そこが愛らしい。そこに惹かれました」と述べた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)