BLACKPINK (読み:ブラックピンク)が1月4と5日に、京セラドーム大阪でワールドツアー「BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA」の日本公演(全4公演)を開催した。昨年12月の東京ドーム公演に続き、京セラドーム大阪での2日間で10万人を動員してSOLDOUT。2020年初ライブで、自身の新たな記録を打ち立て、日本での熱狂ぶりを証明してみせた。

BLACKPINK


 
 2019年1月に始まったBLACKPINK初のワールドツアー「BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA」。世界16か国22都市30公演をSOLDOUTし、17か国目として行われた日本公演は、12月4日の東京ドーム公演を皮切りに、BLACKPINKにとって初のドームツアーとして開催。
 
 2018年12月23日以来、2度目となる京セラドーム大阪でのライブ。約1年の間に、世界4大陸におよぶワールドツアーを成功させ、全世界で配信リリースしたミニアルバム「KILL THIS LOVE」がアメリカをはじめ各国のiTunesアルバムチャートで1位を獲得。アメリカ最大級の音楽フェスティバル「コーチェラ・フェスティバル 2019」に出演すると、「BLACKPINK×Coachella」がTwitterのワールドトレンド1位を獲得するなど、世界を凌駕してきたBLACKPINK。彼女達を1年間待ちわびていた、大阪のBLINK(=BLACKPINKのファン)達が、大きな歓声で迎えた。

「BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA」

 4日の公演では、3日に誕生日を迎えたばかりのメンバー、JISOO(ジス)を祝福。アンコールで突然、観客全員が「JISOOお誕生日おめでとう!」と書かれたピンク色のボードを掲げ、ピンク色のバースデーケーキで、JISOOを驚かせるサプライズも。

JISOO

 日本公演はこの後、2月22日福岡ヤフオク! ドームの公演を残すのみとなり、東京ドームを含めた3会場4公演で20万5000人を動員する予定。

 このドームツアーの盛況ぶりを受けて、映画館でのライブビューイング実施も決定した。詳細は後日発表される。

BLACKPINK

 さらに、このドームツアーの開催に合わせて行われているPOPUP STOREやローソンとのコラボレーション企画も連日話題を集めていて、POPUP STOREでは、オープン前から整理券配布するなど、大盛況となっている。

この記事の写真

記事タグ