ONE OK ROCKのTakaが、自身が小学校6年生時、担任がTakaに向けて発信したメッセージを公開。「人はそんなにかわらないみたいです。笑」と、その“予言”を感慨深く受け止めている。

 【写真】ファンの間で好評を得ているワンオクTakaとミスチル桜井和寿のツーショット

 4日に自身のインスタグラムを更新したTaka。「小学校の同窓会にて」と切り出し、一枚の画像を公開した。

 続けて「どんな占いやどんな六星占術よりも信頼性がある担任の先生が予言した言葉。当時小学校六年生の僕。人はそんなにかわらないみたいです。笑」と続けている。

 Takaが公開した画像は、「森内 貴寛君」と記された、その担任のメッセージ。「1年生の時から『こいつ、きっと…』と思っていたのだけれど」と書き出されている。

 続けて、演劇部でのTakaを見たというその担任は「モリはやっぱり根っからのエンターテイナーだよね」と確信したとし、スポットライトに照らされる場所がTakaが最も力を発揮する場所との感想が記されている。

 同時に、自身の活躍する裏側で、多くの人がTakaを支えていることを忘れず、「やさしい気持ちを持ち続けて、いつも周りの人を幸せにする、本当の意味でのエンターテイナーでいて欲しいな」と綴られた。

 “小学校の同窓会”で改めて、当時の担任の気持ちを受け止めた様子のTakaは、感慨深い心境になっているのかもしれない。「#感謝」とのハッシュタグも添えている。

 この報告にファンからは続々と反響が上がり、「先生すごい!」「やっぱり教師は偉大だね」「感動しました、素敵な先生ですね」「かっこよすぎる」などと、Takaの将来を“予言”したその担任に称賛の声が見られている。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)