【第70回NHK紅白歌合戦/12月31日/NHKホール】4回目の出場となるMISIAが「アイノカタチメドレー」を披露した。日本を代表する歌姫が紅組のトリをつとめた。

【もっと写真を見る】第70回紅白歌合戦:リハーサル・囲み取材の写真一挙公開

 その圧巻の歌声は第一声で心を掴んだ。ミディアムバラードの「アイノカタチ」。感情の高まりを身振りでも表現。抑揚をつけ曲の世界観を立体的に見せていく。MISIAの後ろではコンテンポラリーダンスが繰り広げられる。

 やがて、DJが現れて曲はダンサブルな「INTO THE LIGHT」に変わった。ドラァグクイーンやダンサーも加わり華やか。パワフルな歌声はよりエネルギッシュに。ステージの熱気はさらに高まる。

 そして、代表曲「Everything」へと繋げる。どこまでも伸びやかで艶やか、そして生命力溢れる歌声で魅了していく。ラストは力強くシャウト。後奏も笑顔でボーカルフェイクを重ね、ロングトーンで締める。

 満面の笑顔のMISIA。令和初の紅白の紅組のトリにふさわしいステージだった。

記事タグ