【第70回NHK紅白歌合戦/12月31日/リハーサル】AKB48が最終リハーサルに臨んだ。海外姉妹グループのエースたちとの選抜で、海外でも人気のある楽曲「恋するフォーチュンクッキー」を披露する。

 【もっと写真を見る】第70回紅白歌合戦:リハーサル・囲み取材の写真一挙公開

 AKB48メンバーと、BNK48(バンコク)・CGM48(チェンマイ)・SGO48(ホーチミン)・JKT48(ジャカルタ)・MNL48(マニラ)・AKB48 Team SH(上海)・AKB48 Team TP(台北)・DEL48(デリー)の8都市の姉妹グループからの選抜。

 センターを務める小栗有以は、言葉の壁も「歌やダンスで乗り越えられる」と語っていたが、それを物語るように、息の合ったパフォーマンスをみせた。

 それぞれが笑顔で臨むなか、ひと際輝くメンバーにSKE48の須田亜香里がいた。すっぴんと思われる姿で、華麗な振りと太陽のようなスマイルをみせる。取材しているこちらも心が晴れるような明るさだった。

 48人が参加するステージ。須田はそのなかでも前列に立つが、それでもしっかりと存在感を放っていた。本番に向け気合十分といったところか。

29日のリハーサル後に行われたAKB48の取材会で、メンバーの一人として撮影に応じる須田亜香里(撮影=木村武雄)

記事タグ